現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 若き女性レーサーの躍進はホンモノか? 「F1公言」で肝心の走りはいかに スーパーフォーミュラ第2戦が気になるぞ

ここから本文です

若き女性レーサーの躍進はホンモノか? 「F1公言」で肝心の走りはいかに スーパーフォーミュラ第2戦が気になるぞ

掲載 24
若き女性レーサーの躍進はホンモノか? 「F1公言」で肝心の走りはいかに スーパーフォーミュラ第2戦が気になるぞ

 皆さんは自動車レースについてどのようなイメージをお持ちですか? クルマ好きな人も含め「男がやる競技」という印象が強い人も少なくないかと思います。そんな中、5月19日日曜日に開催されるスーパーフォーミュラ第2戦で注目を集めているのは……女子高生レーサー??

文:段純恵/写真:JRP

若き女性レーサーの躍進はホンモノか? 「F1公言」で肝心の走りはいかに スーパーフォーミュラ第2戦が気になるぞ

■あまりにも若すぎるレーサー

お写真右に写るのが野田樹潤さん ご年齢はなんと18歳!

 開幕から2ヶ月ぶりとなるスーパーフォーミュラ(SF)の第2戦が5月19日にオートポリスで開催される。

 そこで話題の中心となるのは初戦圧勝のSFリーダー野尻智紀(34)でもなければ、休場からの復帰戦を戦いきり3位表彰台に上がったベテラン山本尚貴(35)でもなく、同じルーキーといってもすでにF1でテストドライバーを務める岩佐歩夢(22)もメじゃない存在感を発揮しているJuJuこと、野田樹潤(18)であることは明白だ。

 『女子高生(現在は女子大生)・最年少』というキーワードに引き寄せられて、ふだんモータースポーツに関心を示さないマスコミが押し寄せた開幕戦鈴鹿のメディアセンターは、F1開催時もかくやの大賑わいだった。

 セッション終了後に行われるドライバーのカコミ取材でも、初顔の記者たちが野田を囲んで押しくらまんじゅう状態。「初レースはどうでしたか?」といった質問を投げかける記者たちに、笑顔でハキハキと言葉を選びながら人の気をそらさない対応している野田の佇まいは完璧にプロフェッショナル。

 そのまま芸能界デビューさせたいようなタレント性の高さに筆者も大いに感心させられたが、そんな場で「F1のライセンス取得に関係のない海外レースに参戦するのはなぜ?」と混ぜっ返すのも大人げないのでまんじゅうの一員になるのは遠慮した。

■選手のレーサーとしての資質とは?

レーサーの腕前はまだまだ発展途上か?

 そもそも筆者がドライバーに興味を持つポイントは、その選手のレーサーとしての資質にある。目の覚めるような走りや思わず手を打つバトルをみせたり、自分の腕と技を駆使し70%のマシンで90%の結果を出す選手なら、10代だろうが50代だろうが突撃してでも話を聞きたい。

 レース以外の時間を教室(リモート授業ならパソコン前か)でペンを握るか畑の真ん中で鍬を握るかは、選手の人となりを知る背景としては大事なことだけれど、女子高生であることが走りや結果に直接関係すると筆者は考えていない。

 資質についてだが、開幕前テストと開幕戦での野田の走りを見た限り、正直、筆者はあまり興味を引かれなかった。

 SFのマシンを思い通りに扱うための筋力も持久力も物足りなく思えたし、余裕のなさからか、前だけを見ているような走りは、後ろを走る他の選手にとって『危険』となりうる存在に思えた。

 タイムも1日目で上げても2日目には1日目のスタートと同じ地点に戻ってしまうあたり、20、21年SFに挑戦していた女子選手の先輩タチアナ・カルデロンの参戦当初のパターンに似ているが、カルデロンの場合、レースを重ねるごとにタイムの戻り幅が小さくなっていったし、何より耐久レースの経験で培った、常に前後の状況に目を配っている走りに不安を感じさせられることはなかった。

 要するに、これが10代男子なら「SFライツかF4クラスでしっかり勉強してからでも良いのでは…」と案じてしまうところだが、そんな風に感じたのはオバハン的心配性丸出しの筆者くらいだったらしい。



記事リンク















前の記事





ホンダF1再参戦を発表……スーパーGT宮田莉朋が大活躍!!! モータースポーツ「2023年イチバンの驚き」















次の記事





ファンとの関係性が重要!! ドライバーのメーカー縛りをなくしたい!? 近藤真彦監督が考える「モータースポーツの変革」















■次世代レーサーとしての活躍に期待

性差を問わないカテゴリーへの挑戦を選ぶ潔さ、周囲の期待を上回るような野田の活躍を祈っている

 開幕戦を取材したメディアのほとんどは予選19位決勝17位の野田を「よくやった!」と褒め、将来のF1ドライバーとしてその才能に期待を寄せる記事があふれていた。

 開幕前テストの後、「レースになったら2、3周で自滅するでしょ」と見ていた某チーム関係者は、野田がSF初戦を完走したことに驚きを隠さなかったが、野田がドライバーとしてまだ成長途上で、その才能の伸び代が未知数であることは誰の目にも疑いない。

 性差を問わないカテゴリーへの挑戦を選ぶ潔さ、負けん気の強さも筆者が敬愛する選手の一人で米インディカーシリーズで優勝もし、現在はF1のテレビ解説者を務めるダニカ・パトリックを彷彿とさせて頼もしい。

 そのダニカは現役時代、コース上では野郎を相手に何度もブチ抜くバトルを見せ、マシンを降りては自分にフザけた走りをみせたドライバーに容赦なく平手打ちをカマしていたが、サーキットを離れれば(活動資金稼ぎの一環である)ファッションモデルとしてエレガントに装い、頭脳のキレの良さを感じる発言と微笑で人々のハートを鷲掴みにする魅力的な人物として活動していた。

 いまお世辞にも人気が高いとは言いがたいスーパーフォーミュラの、人気高揚に必要なものの一つが『日本のダニカ』になりうる存在で、その筆頭候補が野田なのだろう。

 野田自身、自覚の有無はさておき、開幕戦前後のテレビ出演やフォーミュラEの物流スポンサーのアンバサダー就任、大学入学に欧州レースへの参戦など、まさに八面六臂の活動で注目度はさらに上昇、周囲の期待に応えつつある。

 これで成績が伴えばまさに鬼に金棒となるはずで、その可能性を推し量る試金石となるのが第2戦オートポリスだ。

 野田もF1を目指すと公言する選手の一人なら、SF2戦目だの初めてのコースだのといった甘えは許されない。数字の結果には現れずとも才能を感じさせる光る走りをレース関係者の前で披露しなければならない。

 実力と人間的魅力を兼ね備える無二のレーシングドライバーとなるのか、話題先行のお客様扱いドライバーとなるのか。

 周囲の期待を上回るような野田の活躍を祈っている。

【画像ギャラリー】スーパーフォーミュラに咲く一凛の花 期待の女子大生レーサー野田樹潤さんがスゴイ!(6枚)

投稿 若き女性レーサーの躍進はホンモノか? 「F1公言」で肝心の走りはいかに スーパーフォーミュラ第2戦が気になるぞ は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

関連タグ

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

人生初の愛車トヨタ「GR86」はサーキットのために…「AE86」乗りだった父と一緒にメンテナンス。段階的にチューニングを進めてます
人生初の愛車トヨタ「GR86」はサーキットのために…「AE86」乗りだった父と一緒にメンテナンス。段階的にチューニングを進めてます
Auto Messe Web
アルピーヌF1、ブリアトーレ主導でメルセデスPU獲得計画を推進。2025年搭載案はサインツ説得の材料か
アルピーヌF1、ブリアトーレ主導でメルセデスPU獲得計画を推進。2025年搭載案はサインツ説得の材料か
AUTOSPORT web
南米対決を制したホンダのグエリエリが今季初優勝。ミケリスも選手権リードを拡大/TCRワールドツアー第4戦
南米対決を制したホンダのグエリエリが今季初優勝。ミケリスも選手権リードを拡大/TCRワールドツアー第4戦
AUTOSPORT web
アウディ『S5』セダン&アバント、V6ターボ×電動化でさらなる高みへ[詳細画像]
アウディ『S5』セダン&アバント、V6ターボ×電動化でさらなる高みへ[詳細画像]
レスポンス
新型キャデラック・ソレイが優雅に登場!──GQ新着カー
新型キャデラック・ソレイが優雅に登場!──GQ新着カー
GQ JAPAN
なぜVWは一挙に「4台ものニューモデル」を発表した? コンパクトSUVからハッチバックまで「人気4車種の新型」はVW復権に貢献できるか!?
なぜVWは一挙に「4台ものニューモデル」を発表した? コンパクトSUVからハッチバックまで「人気4車種の新型」はVW復権に貢献できるか!?
VAGUE
日産「新型“高級ミニバン”」初公開! 全ドア「スライドドア」&“フルフラット”フロアがスゴイ! 次期型「エルグランド」な「Hツアラー」インドネシアに登場
日産「新型“高級ミニバン”」初公開! 全ドア「スライドドア」&“フルフラット”フロアがスゴイ! 次期型「エルグランド」な「Hツアラー」インドネシアに登場
くるまのニュース
トラックの自動運転化よりも早く超先進化! いま物流倉庫内がまるで映画のごとくロボットの天下になっていた
トラックの自動運転化よりも早く超先進化! いま物流倉庫内がまるで映画のごとくロボットの天下になっていた
WEB CARTOP
ルクレール、バウンド問題でベルギーGPは苦戦覚悟?「僕たちの問題が最も顕著に出てくるコースだ」
ルクレール、バウンド問題でベルギーGPは苦戦覚悟?「僕たちの問題が最も顕著に出てくるコースだ」
motorsport.com 日本版
[15秒でわかる]トヨタ『GRスープラ』2025年モデル…4気筒エンジン廃止、6気筒のみに
[15秒でわかる]トヨタ『GRスープラ』2025年モデル…4気筒エンジン廃止、6気筒のみに
レスポンス
日野、認証不正で出荷停止のディーゼルエンジン A05Cは2024年度内、E13Cは1年後の出荷再開へ
日野、認証不正で出荷停止のディーゼルエンジン A05Cは2024年度内、E13Cは1年後の出荷再開へ
日刊自動車新聞
WECの水素車両、初年度の2028年はスポット参加に? スパ、ル・マン、そしてトヨタのお膝元富士で走る可能性も
WECの水素車両、初年度の2028年はスポット参加に? スパ、ル・マン、そしてトヨタのお膝元富士で走る可能性も
motorsport.com 日本版
アルファードよりデカい! トヨタ新型「3列シートミニバン」がスゴイ! 「エスティマ」ライクな“全長5m超”の流麗ボディ! 最上級版「シエナ」とは?
アルファードよりデカい! トヨタ新型「3列シートミニバン」がスゴイ! 「エスティマ」ライクな“全長5m超”の流麗ボディ! 最上級版「シエナ」とは?
くるまのニュース
クラッチレバーのない自動シフトも搭載、BMWの次世代アドベンチャー 『R1300 GS Adventure』
クラッチレバーのない自動シフトも搭載、BMWの次世代アドベンチャー 『R1300 GS Adventure』
レスポンス
日野の2024年4~6月期決算、認証不正の赤字幅が縮小 大型トラックの国内販売も回復
日野の2024年4~6月期決算、認証不正の赤字幅が縮小 大型トラックの国内販売も回復
日刊自動車新聞
【MotoGP】ダニ・ペドロサ、MotoGPキャリア終盤に「慢性疲労症候群」での苦慮明らかに。ストーナーも過去に同疾病告白
【MotoGP】ダニ・ペドロサ、MotoGPキャリア終盤に「慢性疲労症候群」での苦慮明らかに。ストーナーも過去に同疾病告白
motorsport.com 日本版
カルマオートモーティブ、8月の「モントレー・カー・ウィーク2024」で連日の新発表を予告
カルマオートモーティブ、8月の「モントレー・カー・ウィーク2024」で連日の新発表を予告
レスポンス
もどかしい現状の角田裕毅に、かつての相棒ガスリーが助言「役割を果たしていれば、チャンスは巡ってくる」
もどかしい現状の角田裕毅に、かつての相棒ガスリーが助言「役割を果たしていれば、チャンスは巡ってくる」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

24件
  • athrun
    いきなりSFに乗せるんじゃなくて
    国内に女性だけのレースもあるしF4だってある。
    親父のコネで参戦してるようじゃダメ、
    他の女性選手の方が実績がある。
  • por********
    急遽決まったチームメイトに負けているのに、速いと思えというのには無理がある。遅いよ彼女は!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村