サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ソニーが開発中の電気自動車「VISION-S」の走行シーン公開。0-100km/hは4.8秒

ここから本文です

ソニーが開発中の電気自動車「VISION-S」の走行シーン公開。0-100km/hは4.8秒

ソニーは1月11日、開発を進めているEVプロトタイプ「VISION-S」の公道走行テストを開始したと発表すると共に、その映像を公開した。

昨年1月に開催された世界最大規模の家電見本市「CES 2020」において初披露されたVISION-Sは、ソニーが得意とするセンシング技術を満載したEVサルーンのプロトタイプ。初めて手がける自動車だけにその発表は大きな話題を呼び、CESを大いに盛り上げた。

今回のリリースはオンライン開催された「CES 2021」にあわせたもので、ソニーによるとプロトタイプは昨年12月から公道における走行テストに入ったという。舞台はオーストリアで、動画に映るVISION-Sは、クローズドサーキットと思われるコースやビルが建ち並ぶ街中を、幾何学模様の擬装をまとい颯爽と駆け抜けている。

詳細なスペックは不明だが、コーナリングフォームは低重心を感じさせる安定したもので、自動車初参入とは思えないクオリティを思わせる。テストは安全安心のための技術開発やソニーが持つ様々な技術の検証のため、ソニーとパートナーのエンジニアの協力のもとに実施され、自動運転をはじめとした先進システムの実地調整が行われるようだ。

VISION-Sは4,895×1,900×1,450mmのボディサイズを持つ4ドアサルーンで、床下にはバッテリーが敷き詰められ、200kW×2の前後ツインモーターにより0-100km/hを4.8秒で駆け抜ける。インテリアには大型のモニターが所狭しと並び、走行に必要な情報以外にも様々な映像コンテンツを表示。高性能なオーディオやゲームがプレイできるコントローラーなどにもソニーらしさが垣間見られ、電気製品が得意なソニーらしい雰囲気に仕上がっている。

ソニーでは、VISION-Sの市販予定はないとのことだが、走行シーンを見ると自らステアリングを握りたくなってくる。将来的にソニー製モビリティに触れられる日が来ることを楽しみに待ちたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します