サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マセラティが100パーセント自社製の新エンジン「ネットゥーノ」を発表

ここから本文です
2020年7月1日、マセラティは100パーセント自社で製作した新しいエンジン「ネットゥーノ(Nettune)」を発表した。このエンジンは、2020年9月にワールドプレミアされる予定のスーパースポーツカー「MC20」に搭載される。

3.0LのV6ツインターボは、630psと730Nmを発生
マセラティの技術陣が、F1グランプリ由来のテクノロジーを基に、100パーセント自社で開発したエンジンが、今回発表された「ネットゥーノ」だ。その名前は、イタリア語でネプチューン(海神)の意味で、マセラティのエンブレムであるトライデント(三つ叉の矛)」の持ち主でもある。

おすすめのニュース

サイトトップへ