サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 鈴鹿FF最速奪還!シビックタイプRがメガーヌを抜く2分23秒993を記録

ここから本文です

■メガーヌR.Sに約1.5秒の差を付ける

ホンダは鈴鹿サーキット国際レーシングコースで、「シビック タイプR リミテッドエディション」の最終的な性能評価のための走行テストを実施。FFモデルで最速となる2分23秒993のラップタイムを記録した。発表日は7月9日。ちなみにこれまでの最速タイムは、 ルノー・ジャポンが2019年11月28日に発表したメガーヌR.S.トロフィーRの2分25秒454。

改良版シビック タイプRを写真で見る

今回の走行テストは、量産前の最終開発車両で行われた。シビック タイプR リミテッドエディションは、世界で約1000台、国内200台限定のスペシャルモデル。

おすすめのニュース

サイトトップへ