サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 新型コロナで開催延期相次ぐ……F1は2020・2021年を”スーパーシーズン”に統合すべきか?

ここから本文です

新型コロナで開催延期相次ぐ……F1は2020・2021年を”スーパーシーズン”に統合すべきか?

新型コロナで開催延期相次ぐ……F1は2020・2021年を”スーパーシーズン”に統合すべきか?

 世界中で新型コロナウイルスの感染が拡がっている。刻一刻と状況が変化しており、モータースポーツにいつ”日常”が戻るのか不透明なままだ。

 F1は開幕戦オーストラリアGPの開催をスケジュール通り進めていたものの、走行直前になって開催が中止された。それ以降、F1は開幕から8レースの開催延期・中止を決めており、シーズンの開幕は早くても6月まで待たなければならない。

■コロナ対応への寄付金募ったノリス、目標達成で“丸坊主”に「さよなら僕の髪の毛!」

 現時点で正式に中止が発表されているのはモナコGPのみ。つまり時間的な余地がない中でF1の開催カレンダーを再編する必要がある。例年8月に設けられていた夏休みも前倒しされ、ほぼ半年で21戦を消化できるよう、カレンダーを圧縮しなければならないのだ。

 ある時点でコロナウイルスのパンデミックが落ち着けば、再びレースができるようになる。しかしそれは、今年後半までずれ込む可能性がある。

 世界耐久選手権(WEC)が9月開幕のウインターシリーズに移行する際、2018年と2019年のシーズンを統合した”スーパーシーズン”を実施したが、F1がこのような手法を採用すれば、スケジュールの問題を一気に解決できる。実際、このような提案を行なうことを検討しているF1チームもあるようだ。

 フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、カレンダーの変更について絶えず対話をしていると認めている。

 2021年に導入が予定されていた新しい技術規則は、チームの財政的負担を減らすため、導入が2022年に延期。シャシーとギヤボックスの設計は凍結されることになる。そのため、2020年と2021年はほぼ同じマシンが使用されることになり、2シーズンを統合するのは理に適っていると言える。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します