サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディQ7にプラグインハイブリッド仕様の「TFSI eクワトロ」が設定! 高性能版はシステム総合で456psと700Nmを発揮

ここから本文です

アウディQ7にプラグインハイブリッド仕様の「TFSI eクワトロ」が設定! 高性能版はシステム総合で456psと700Nmを発揮

12月9日、アウディはラージSUVの「Q7」にプラグインハイブリッドパワートレインを搭載した「Q7 TFSI e クワトロ」を設定したと発表した。欧州では2019年末より市場導入され、ドイツでの販売価格は7万4800~8万9500ユーロ(約899万円~1076万円)だ。

EV航続距離は最大43kmをマーク

走り好きのBMWファン待望のM2 CSの性能はどれほど? 価格はいくらだ?

 Q7に設定されたハイブリッドパワートレインは、340psと450Nmを発する3.0LV型6気筒ターボエンジンにモーターを組み合わせるが、2グレードを用意する。システム総合のアウトプットは「Q7 60 TFSI eクワトロ」で456psと700Nm、「Q7 55 TFSI e クワトロ」では381psと600Nmを発揮する。


 0-100km/h加速は「60 TFSI e」が5.7秒、「55 TFSI e」が5.9秒。240km/hの最高速、EV走行時のトップスピード135km/hはいずれも同じ。


 これらのパワートレインはいずれも8速AT(ティプトロニック)によってデリバリーされる。駆動方式は「クワトロ」システムによる四輪駆動で、通常時の前後駆動力配分は40対60だ。

 バッテリーのエネルギー容量は17.3kWhで、これを原動力に最大43kmのEV航続距離をマークする。

 走行モードの「ハイブリッド」モードには「オート」と「ホールド」の2モードを設定。「オート」では標準装備のMMIナビゲーションプラスのルートガイドを開始すると、予測操作が自動的に起動し、周辺の交通量やバッテリーの充電状態などから、エンジンとモーターの駆動をインテリジェントに制御。目的地に到着するまで電気エネルギーを積極的に使って走行する。

 一方、「ホールド」ではバッテリーの充電電力を極力温存し、混雑した都市部などでEV走行ができるように制御される。


 ハイブリッドモデルではあるが、内外装の仕立てはスポーティであることもこれらのグレードの特色。とくに上級の「60 TFSI e」には内外装にSラインパッケージが採用されているほか、マトリクスLEDヘッドライト、ブラックスタリングパッケージ、レッドブレーキキャリパー、20インチホイール、アダプティブエアサスペンション、スポーツシートを装備。これらのアイテムのほとんどは、「55 TFSI e」でもオプションで選択することができる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します