サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜダイハツがSUV強化?「ロッキー」に続き新型軽「タフト」と攻勢かける理由とは

ここから本文です

■ダイハツ新型「ロッキー」、なぜこのタイミングで発売された?

 ダイハツが2019年11月に発売したコンパクトSUV「ロッキー」の売れ行きが好調で、発売後すぐに同社の普通車でもっとも売れているモデルとなりました。また、2020年の半ばには軽自動車でも新たなSUVを投入し、SUVラインナップを強化する計画です。

スズキが新型SUV「エスプレッソ」発売! 超小型SUVで若者需要を狙う

 このタイミングでダイハツがSUVに力を入れる狙いとは、どのようなものなのでしょうか。

 ロッキーは全長が4mを切るボディサイズが特徴のSUVで、ロッキーのOEMモデルとして供給される車種にトヨタ「ライズ」が存在します。

おすすめのニュース

サイトトップへ