サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ヒットの法則139】ブガッティ・ヴェイロン16.4は「従順な猛獣」だった

ここから本文です
2005年の東京モーターショーで大きな話題を呼んだブガッティ・ヴェイロン16.4が、2006年早々ついに日本に上陸した。特別な試乗会が行われたのは富士スピードウェイ。その性能を体感するには絶好な場所だった。早速そのサーキット試乗の模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2006年2月号より)

超高性能高価格だが、意外なほど威圧感がない
1億6300万円のクルマに乗り込む。意外にも緊張感を持たないのはボクが図々しいからか。いやそれだけではない。ブガッティ・ヴェイロン16.4は乗る前にドライバーを威圧するようなことはしないからだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ