サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMW 2.0L 4気筒ターボエンジンの50年とレースエンジンのリーンバーン

ここから本文です
この記事は2020年5月に有料配信したメールマガジンを無料公開したものです。

BMWは第2次世界大戦後、操業を再開したが、すぐに経営危機に陥った。ダイムラー・ベンツ社に吸収される寸前にまで至ったが、富豪のクヴァント家の出資により、かろうじて存続することができた歴史がある。そして、自動車メーカーとしてのBMWブランドが脚光を浴びたのは1962年に発売した「ノイエクラッセ(ニュークラスの意味)」、すなわち1600シリーズであり、予想以上のヒット作を生み出したのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン