サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ABTスポーツライン、「アウディ RS6 アバント」にエキゾーストシステムとスポーツサスペンションを追加

ここから本文です

ABTスポーツライン、「アウディ RS6 アバント」にエキゾーストシステムとスポーツサスペンションを追加

ABT Audi RS6 Avant

ABT アウディ RS6 アバント

ABTスポーツライン、「アウディ RS6 アバント」にエキゾーストシステムとスポーツサスペンションを追加

ハイパワーエステートのプログラムを大幅に強化

フォルクスワーゲンやアウディのカスタマイズを展開するドイツのチューニングブランド、ABTスポーツライン(ABT Sportsline)は、2020年初頭からリリースされているハイパフォーマンスワゴン「アウディ RS6」のチューニングプログラムをさらに進化させた。

今回、ABTスポーツラインは抜群のサウンドを提供するエキゾーストシステム、シャープなハンドリングを実現するスポーツ・サスペンションを、ラインナップに追加している。

パワフルなサウンドを演出するABTエキゾーストシステム

最高のサウンドトラックは映画や舞台のシーンを何倍にも盛り上げる効果を持つ。それは、ベースモデルの段階で最高出力600ps(441kW)・最大トルク800Nmというセンセーショナルなパフォーマンスを誇るRS6にも当てはまるセオリーだ。

新開発の「ABTエキゾーストシステム」は、4本のパラレルパイプと2基のアジャスタブル・エキゾーストフラップが、さらにエモーショナルなサウンドを演出。エンドサイレンサーとミドルサイレンサーで構成されたステンレススチール製エキゾーストシステムは、排気背圧を大幅に低減してあらゆる領域で印象的なパフォーマンスを発揮する。また、サウンド的にはパワフルなエキゾーストノートを実現し、視覚的には102mm径のマットカーボンファイバー製エンドパイプを採用することでスポーティなイメージを与える。

最高出力740hp・最大トルク920Nmにまでパワーアップ

2020年初頭の段階で、ABTスポーツラインは「ABTエンジン・コントロール(AEC)」を、RS6に搭載される4.0リッターV型8気筒ツインターボTSFIユニットに装着。最高出力はベースモデル比で100hp増加の700hp(515kW)、最大トルクは同80Nmアップの880Nmを実現していた。

さらに「ABT パワーR(ABT Power R)」を装着すれば、最高出力740hp(544kW)、最大トルク920Nmというビッグパワーも手にすることができる。

モータースポーツの経験が投入された足まわり

足まわりに関しては「ABT車高調整式サスペンションスプリング」とステンレス製「V4車高調整サスペンション」が登場。V4車高調整サスペンションを装着することで、フロントが10~35mm、リヤが10~40mmまでローダウンレベルを選べる。

このサスペンションキットは、モータースポーツで豊富な経験を持つABTのエンジニアがRS6のパラメーターに合わせて専用開発。一般道での走行でも、サーキットを走っているようにドライビングを楽しむことができるという。

また、前後アクスル用に「ABTスポーツ・アンチロールバー」もリリース。ロールを低減し、アンダーステアを抑制するこのアイテムは、前後個別に装着することも可能だ。

ローダウン化された足まわりにマッチする「HR」ホイール

今回発表されたABT RS6の写真には、フローフォーミング製法で作られた22インチ「HR」鍛造アルミホイールが装着されていた。ローダウン化された足まわりとフィンタイプのレーシーなホイールによって、これまでにない迫力のアピアランスを実現している。

この他のホイールやインテリアなど最新ラインナップのフィッティングに関しては、下記のABTコンフィギュレーターを使えば様々な組み合わせを試すことが可能だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します