サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハースF1代表「2021年ドライバーラインアップについてはまだ白紙」

ここから本文です

 ハースF1チーム代表のギュンター・シュタイナーは、2021年のドライバーラインアップについてはまだ全く考えておらず、いかなる可能性も除外しないと語った。

 ハースは2020年の予算が確定するまで、今季のマシンアップデートを控えるとの決定を下している。チームにとって来シーズンのドライバーについてよりも先に考えるべきことが多く、まだラインアップのプランは一切固まっていないということだ。

ハースF1代表「財政状況が明確になるまでは、マシンのアップグレードは行わない」

 ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンは両者とも、実力でハースに選ばれたドライバーだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ