サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ライバル不在のワゴンRにムーヴが挑戦! ダイハツが仕掛けたハイトワゴン戦争【偉大なライバル】

ここから本文です

ライバル不在のワゴンRにムーヴが挑戦! ダイハツが仕掛けたハイトワゴン戦争【偉大なライバル】

どんなモノでも人気者にはライバルがつきもの。クルマも同じで、バカ売れしたクルマそっくりの商品が他社からデビューなんてのは自動車史を見るとゴマンとある。今回はそんなパクリ精神から生まれたクルマをご紹介。初回はダイハツ ムーヴだ。

打倒ワゴンR! ライバル意識がえぐ過ぎた

ダイハツ 軽自動車(軽乗用車)ラインナップまとめ【 I LOVE 軽カー 】

1993年に登場したは、室内はこれまでの軽自動車とは比べ物にならないほどで、インパクト大な見た目と見事なパッケージングで一躍スズキを支えるヒットメーカーにまで上り詰めた、いわば軽自動車の革命児。だが、スズキ最大のライバルであるダイハツは、ワゴンRのヒットを横目に悔しい思いをしていたのだ。

ワゴンRってそんなに革命的だったの? そのワケはコチラ▼

当時のダイハツは、ミラやオプティといったセダンタイプのしかラインアップしておらず、ワゴンRに真っ向から戦えるクルマを持ち合わせていなかった。

そこでダイハツは宿敵と戦うべく、遅れること2年後の1995年に登場したのが、初代ムーヴだ。先発のライバルに打ち勝つべく、ムーヴの内容はプライドはないのか? と言われるほど、ワゴンRを意識した内容であった。

後発のムーヴはライバルのネガを払拭

当時のワゴンRは左右非対称の3ドアを採用していたが、ムーヴは使い勝手のいい5ドアに。それに加え、ワゴンRよりも約30kg軽量に仕上げたほか、当初ワゴンRに設定のなかったターボモデルをラインアップするなど、とにかく打倒ワゴンR! というのがモロバレな内容であった。

後に良きライバルへ!

と、ここまで読むとムーヴはパクリカーと思われそうだが、後に先発のワゴンRもムーヴを意識した商品展開をしている。

ムーヴはノーマルモデルに加え、フロントフェイスなどをスポーティに仕立てたカスタムという2グレード展開を実施し、これがとにかくウケた。そこに打ち勝つべく、ワゴンRも2代目モデルでRR(ダブルアール)というスポーツグレードを、3代目モデルでスティングレイというカスタムモデルを追加と、常にお互いがライバルを意識しているのだ。

ワゴンRとムーヴの戦いが始まって今年で25年。これまでしのぎを削ってきたからこそ、今の軽自動車があるのだ。これからも良きライバルとしてもっといいクルマになってもらいたい。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します