サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 「うぉぉ何だこりゃ!?」「ちょっと意味分からん」 東京オートサロンでド目立ち「魔改造&すげークルマ」大集合

ここから本文です

「うぉぉ何だこりゃ!?」「ちょっと意味分からん」 東京オートサロンでド目立ち「魔改造&すげークルマ」大集合

「うぉぉ何だこりゃ!?」「ちょっと意味分からん」 東京オートサロンでド目立ち「魔改造&すげークルマ」大集合

 1月10日から幕張メッセで開催された「東京オートサロン2020」。オイこれマジすぎるぞと会場で騒然となったスポーツカー「GRヤリス」などメーカー新型車も目立ちましたが、やはりここは「カスタムカーの祭典」です。

 自動車メーカーやカスタムショップ、自動車系の専門学校などが自慢の力作を持ち寄り、広い会場のあちこちに見たこともないようなクルマがずらりと並ぶさまは圧巻。だから、お目当ての大きなブースだけで終わりではなく、つい隅々まで一日中歩き回ってしまうのです。今回は、筆者の独断で選ぶ「東京オートサロン2020で見た“すげークルマ”」を紹介します。

【その他の画像】やっぱりこれを見なければ……! 激烈「魔改造」マシン

●今回もインパクト大の力作改造マシンが集った学生カスタム「将来楽しみ」

 オートサロン常連のNATS(日本自動車大学校)ブースには、学生たちによる超個性的な魔改造マシンが毎年多数展示されます。展示されるクルマはカスタマイズ科の学生の卒業制作なのだそうです。そりゃ毎回気合い入っているのが頷けます。

 今回も力作そろい。ブースの角の目立つ場所には2台の赤いジムニー(?)がありました。右側のやたらとデカくてワイルドなジムニーは、1年前の東京オートサロン2019でも展示されていた「NATS JIMNY ADVENTURE」ですね。前回は「ナンバーを取ってこのクルマで卒業旅行に行くんだ」と言っていました。何と今回はナンバー付き。すげー、マジでナンバー取っちゃった。これ車検通るんだ。

 左側のジムニー(?)は1台目とは対照的にベタベタに車高が低いです。昔の「サニトラ」を小さくしたような雰囲気でカッコカワイイ。実はこれ、顔はジムニーですが、ベースはラパンだそうです。この顔似合うなあ。続いてはトヨタ・86……かと思いきや、4ドアで後ろは完全にセダン。何だこりゃ。「カムリ」をベースに顔スワップしたというなかなか面白いクルマです。

 今回、会場で特にたくさん見かけたカスタムは「GRスープラ」。この他、「MAZDA3」や「スカイライン 400R」もよく見かけました。

 NATSブースでもこのブームに乗ったのか、新型スープラのカスタムを発見。ん……? どうも違うぞ。なるほど定石にはしないのか。レクサスのオープンスポーツ「SC」をGRスープラ風の顔にしたカスタムでした。

 そこで終わらないのがヘン(褒め言葉)なところ。先代スープラの「2JZ」エンジンと「NOS(ナイトラス オキサイドシステム:映画やゲームでよく見る切り札的フル加速システム)」を搭載し、映画「ワイルド・スピード」で主人公のブライアン・オコナーが乗ったオレンジ色のスープラをイメージした仕様に仕上げたそうです。

 その隣には「R35 GT-R」らしきマシンも、これも同じくワイスピに登場したR34型GT-Rをイメージしたカラーリングです。斜めに開くバタフライドアに改造されていて、しかもオープン仕様。この流れで予想が付くかもしれませんが、こちらもGT-Rではありません。元は「フェアレディZ」。よく分からんですが、お見事!

 続いて埼玉自動車大学校の皆さんは、軽オープンスポーツ「S660」をまさかのオフロード仕様に魔改造。ジムニーのシャシーにS660のボディーを被せて制作したそうです。

 おぉぉ、イカつい鉄バンパーが意外と似合う。偶然にもこのオートサロンで発表されたS660 2020年モデルの新色と似ていますが、鮮やかなグリーンがまたオフロードテイストに合っています。

●自動車メーカー「純正カスタム」も気合い入りまくり

 自動車メーカーもオートサロンならではの純正カスタムカーを大量に披露しました。

 マツダブースには、モータースポーツの参加を意識した「MAZDA3」や「ロードスター」のカスタム提案モデルがずらり。

 ノーマルのMAZDA3はクラス以上に高級感のある滑らかな曲線美に目が行きましたが、こうしてみるとレーシーな装いも似合います。思わず「マツダスピードアクセラみたいなホットハッチ、また作らないかなぁぁ」と期待してしまいます。

 スズキブースには、大型バイク「カタナ」をイメージした仕様の「スイフトスポーツ カタナエディション」を一目見ようと来場者が詰めかけていました。

 スイフトスポーツ カタナエディションは、シルバーとレッドのスポーティーなカラーリングで、渋さとカッコよさマシマシ。テーマカラーのイエローも好きですが、このカラーテーマもいいですよね。海外市場で販売された追加グレードに対して、今回の車両はよりカタナらしさを感じさせる印象的なマッチョスタイルに進化しています。「GRヤリス」が出ることですし、マッチョな3ドアハッチバックのライバルとして本当に市販してほしい仕上がりです。

 ダイハツは、発売ホヤホヤの小型SUV「ロッキー」や「コペンGR SPORT」のカスタムモデルなどを展示していましたが、中でも一番の「何だコレ!?」なクルマが「ハイゼット トラック PEAKS Ver.」でした。

 ハイゼット トラック PEAKS Ver.は軽トラックの「ハイゼットジャンボ」に、オフロードテイストのタイヤやキャリア、作業灯などを取り付けて遊べるクルマに仕上げたそうです。そこまでは納得。確かに、どこでも行ける小回りの良さと積載力を考えたら仕事以外でも活躍しそうなクルマです。でも側面はヘンです。なぜかボルダリングのクライミングホールドを付けてしまいました。まーデザインであることは分かっていますが、これは安直では……(笑)。

 「Modulo」ブランドなどでホンダの純正アクセサリーを手掛けるホンダアクセスは、平成初期の2台の名スポーツカーを生まれ変わらせました。

 1台目は1997年発売のEK9型シビック タイプRをベースにした「CIVIC CYBER NIGHT JAPAN CRUISER 2020」です。オリジナルのEK9 タイプRが持つスパルタンな雰囲気が影を潜め、灯火類を中心にイメージチェンジされ、サイバーな雰囲気が漂うクルマに変身しました。

 ふと海外の来場者からブース説明員に「これは新しいホンダのEVなのかい?」と問い合わせ。それだけ「現代風に見えた」ということのようです。確かに前後のライト回りがLEDばりばりで今っぽい。「私はオリジナルが好きなんですけれどね」とこそっと説明員の方。お、おう……正直ですね。

 もう1台のS2000も、シビックタイプRと同じく「現代スタイルに」がテーマながらも、かなり現実的なコンセプトです。バンパーなどを少し今風にアレンジした「パーツ」を新たに販売するというのです。

 最小限の化粧直しでより洗練したデザインになるなんで、S2000ってあらためてすごいクルマだったのです。S2000誕生20周年記念のアイテムとして既に開発はほぼ終えており「本当に市販化」することを明らかにしました。2020年2月10日に「詳細を発表」するそうです。

 皆さん気合い入りまくりですね!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します