現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > VWの電動SUV『ID.4』、米2024年型はツインモーターを335馬力に強化…日本は?

ここから本文です
VWの電動SUV『ID.4』、米2024年型はツインモーターを335馬力に強化…日本は?
写真を全て見る(5枚)

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は、電動SUV『ID.4』の2024年モデルを米国市場で発売した。日本市場にも導入されているID.4が、米国で改良を受けている。日本仕様に関する改良の発表は、現時点では行われていない。

米国向けID.4の2024年モデルでは、バッテリーの蓄電容量82kWh仕様がアップグレードされた。後輪駆動グレードの場合、リアアクスルに搭載されたモーターは、最大出力が201hpから282hpに強化された。AWDグレードの場合、フロントアクスルにもモーターを追加する。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

アルファロメオ初のEV『ミラノ』、航続410km…スポーティ電動SUV登場
アルファロメオ初のEV『ミラノ』、航続410km…スポーティ電動SUV登場
レスポンス
シトロエン『C3』 新型は48Vマイルドハイブリッド搭載…内燃エンジン車を発表
シトロエン『C3』 新型は48Vマイルドハイブリッド搭載…内燃エンジン車を発表
レスポンス
メルセデスベンツの最上位EVセダンが「Sクラス」の顔つきに…『EQS』改良新型を発表
メルセデスベンツの最上位EVセダンが「Sクラス」の顔つきに…『EQS』改良新型を発表
レスポンス
トヨタ『4ランナー』、15年ぶりに新型登場…初代ハイラックスサーフに敬意
トヨタ『4ランナー』、15年ぶりに新型登場…初代ハイラックスサーフに敬意
レスポンス
最強モデルは後輪駆動で電動化もなし!? メルセデスAMG『GTクーペ』次の一手とは
最強モデルは後輪駆動で電動化もなし!? メルセデスAMG『GTクーペ』次の一手とは
レスポンス
トヨタ『ヤリスクロス』の次期型なのか!?「アーバンSUV」市販モデルのデザインどうなる
トヨタ『ヤリスクロス』の次期型なのか!?「アーバンSUV」市販モデルのデザインどうなる
レスポンス
電動SUV、メルセデスベンツ『EQA』改良新型を発売…航続591km
電動SUV、メルセデスベンツ『EQA』改良新型を発売…航続591km
レスポンス
スバル「“新”レガシィ」発表! めちゃカッコいい「スポーティセダン」に人気アイテム装着! 爆速仕様も米で登場
スバル「“新”レガシィ」発表! めちゃカッコいい「スポーティセダン」に人気アイテム装着! 爆速仕様も米で登場
くるまのニュース
インディアン、『スカウト』新型を発表…1250ccの新Vツインエンジン搭載
インディアン、『スカウト』新型を発表…1250ccの新Vツインエンジン搭載
レスポンス
メルセデスAMG GT 新型、最強の電動「63」は4月20日発表へ
メルセデスAMG GT 新型、最強の電動「63」は4月20日発表へ
レスポンス
マクラーレン『アルトゥーラ・スパイダー』日本初公開…パフォーマンスが向上、価格は3650万円
マクラーレン『アルトゥーラ・スパイダー』日本初公開…パフォーマンスが向上、価格は3650万円
レスポンス
マツダの新型SUV『CX-80』、4月18日デビューへ
マツダの新型SUV『CX-80』、4月18日デビューへ
レスポンス
アルファロメオのコンパクトSUV「ミラノ」がワールドプレミア。同ブランド初のフルBEVも登場
アルファロメオのコンパクトSUV「ミラノ」がワールドプレミア。同ブランド初のフルBEVも登場
Webモーターマガジン
メルセデスベンツ『EQS』改良新型、北京モーターショー2024で発表へ
メルセデスベンツ『EQS』改良新型、北京モーターショー2024で発表へ
レスポンス
新しいビュイックの3列シートSUVがエレガントだ!──GQ新着カー
新しいビュイックの3列シートSUVがエレガントだ!──GQ新着カー
GQ JAPAN
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
AUTOCAR JAPAN
アウディA7スポーツバック/RS7スポーツバック【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
アウディA7スポーツバック/RS7スポーツバック【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
ランボルギーニ『ウラカン』に最終モデル「STJ」…640馬力のV10にフィナーレ
ランボルギーニ『ウラカン』に最終モデル「STJ」…640馬力のV10にフィナーレ
レスポンス

みんなのコメント

6件
  • mon********
    欧州車には周回遅れどころか、10年遅れの日本のBEV。情けないハナシだ。
    なかでも、VWは欧州ブランドで最も多数のBEVを販売している。日本車惨敗の現実から目を背けたい輩が、BEV不要論を喚き続けるが。私からすると、BEVすら買うことができない、低所得者層の単なる妬みに感じるが。
    BEVの開発スピードを、日本車メーカーは緩めてはならない。今は踊り場だとしても、BEV全盛の時代は確実にくるからだ。もはや日本車は欧州車に敵わない。しかし、韓国車や中国車に並ぶ未来なら、なんとか想像がつく。
    日本車には本当に頑張ってほしい。
  • *******
    葛葉恭次
    2024/3/02 12:47
    違反報告
    たかが4km/hを誤魔化して100km/h1秒と言い張ってるとか確かに日本メーカーの不正がみみっちく思えるほど凄まじくとてつもない不正技術力ですねwww

    マイルと言う基準も知らない無知がこの界隈にいてるとの報告があります
    アメリカに一度も行ったことがないんだろうな
    そうじゃないとこんな恥ずかしいこと言えるわけない
    自分はバカだと大声で言ってるようなものだからな
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

499.9648.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

378.0529.0万円

中古車を検索
ID.4の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

499.9648.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

378.0529.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村