サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「ホーネット DX」/250cc・4気筒バイクを振り返る!【絶版名車解説】

ここから本文です

ホンダ「ホーネット DX」/250cc・4気筒バイクを振り返る!【絶版名車解説】

Honda HORNET DX/クラスを越えた存在感が魅力のスタイリッシュマシン
ホンダは250ccネイキッドとして、まず1991年にジェイドをデビューさせる。エンジンはCBR250RR系ベースに中低速トルク重視にデチューン、スタイルは1989年にデビューしていた400ccのCB‐1にも似たオーソドックスなものだったが、1996年に生産を終了。その後継モデルとして1996年に登場したのがホーネットだ。

ホーネットはエンジンこそジェイドと同じく、CBR250RR系のカムギアトレーン採用の水冷直4を搭載していたが、車体に関しては基本的なデザインから一新。

開発者に聞いた、ヤマハ「セロー250 ファイナルエディション」

ジェイドではダブルクレードルだったフレームは、極太の角型パイプをメインメンバーとしたユニークなモノバックボーンフレームへと変化。

左右に大きく張り出したグラマラスな曲面のタンクなど、ボリューム感を感じさせるボディ、当時ロードスポーツでは珍しかったアップマフラー、そして180サイズという極太のリアタイヤの装着など、250ccとは思えない強烈な存在感を感じさせるスタイルだった。

それもそのはず、デザインやフレームの基本的は後に登場するホーネット600や900に流用されるなど、ビッグバイクとしても通用する造りだったのだ。そのスタイルは注目度抜群で、一躍人気モデルとなっていった。

2000年には外装色7パターン、ホイール色4パターンを組み合わせられるカラーオーダープランが用意され、2003年モデルではシート形状やサスセッティング変更でシート高をダウン。

2005年にはヘッドライトのマルチリフレクター化と同時に、ツートーンカラー採用のDXを追加。終始高い人気を保ちながらも、2007年モデルで生産は終了した。

ホンダ ホーネットDX 主なスペックと発売当時の価格(2006年12月)
エンジン型式 水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量 249cc
内径×行程 48.5×33.8mm
圧縮比 11.5
最高出力 40PS/14000rpm
最大トルク 2.4kg-m/11000rpm
燃料供給方式 キャブレター[VP05]
変速機型式 常噛6段リターン
全長×全幅×全高 2035×740×1050mm
軸間距離 1410mm
シート高 745mm
乾燥重量 151kg(168kg:装備)
燃料タンク容量 16L
タイヤサイズ(前・後) 130/70ZR16・180/55ZR17
当時価格 58万2750円(DX)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します