サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 累計生産は740万台以上! ダイハツ「ハイゼット」シリーズが60周年に

ここから本文です

累計生産は740万台以上! ダイハツ「ハイゼット」シリーズが60周年に

「ハイゼット」シリーズは現在も約220万台が全国で活躍中!

ダイハツの軽商用車、「ハイゼット」シリーズが2020年11月で60周年を迎えた。ダイハツでは、これまでの60年間ハイゼット・シリーズを支えたユーザーへ感謝するとともに、これからも暮らしに寄り添ったクルマづくりを続けていくという。

安全&安心装備の強化に加え内外装も刷新! 「ダイハツ・トール」がマイナーチェンジ

現在のハイゼット・シリーズは、農林水産業を中心に使用されている「ハイゼット・トラック」、配送業や小売業などを中心に使用されている「ハイゼット・カーゴ」と「ハイゼット・キャディー」の3モデルで構成。これまでの累計生産台数は、約740万台に上る。また現在の総保有台数は約220万台となり、全国で多くのユーザーに利用されている。

初代「ハイゼット」は、当時人気となっていた軽三輪自動車「ミゼット」に続き、より積載力を高め、様々な仕事で活躍できる一台として誕生したダイハツ初の軽四輪自動車である。そして以降60年間にわたり、軽商用車で重視される「乗り降りがしやすいキャビンと仕事に必要な積載力の高い荷台/荷室」という構造を維持し続けてきた。さらに、毎日使うクルマだからこそ求められる荷物の積みおろしのしやすさや耐久性、田んぼのあぜ道から下町の路地まで、狭い道路でも走れる取り回しの良さ、そして求めやすい価格に徹底的にこだわってきた。また、ダンプシリーズをはじめとした豊富な特装車など、様々なラインナップをご用意してきた。




さらに近年では、軽商用車を買い物や通勤・通学、送迎など日常生活で使う方の増加や、高齢ユーザー比率の高まりを踏まえ、様々なシーンで安全・安心に使用できるよう、いち早く予防安全機能「スマートアシスト」を採用してきた。これは、「頼れる相棒」として活躍してきた「ハイゼット」シリーズは、「良品廉価」「最小単位を極める」「先進技術をみんなのものに」といったダイハツのスモールカーづくりの思想を体現した一台である。

ダイハツは今後も、お客様一人ひとりを照らし、軽やかなモビリティライフを提供するというグループスローガン“ Light you up” の考え方のもと、「ハイゼット」シリーズを進化させていくとしている。

ハイゼット60周年記念サイト https://www.daihatsu.com/jp/company/history/hijet60th/index.html




おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します