サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ発動機、二輪プレミアムモデルの供給不足で減益に 2022年1-3月期決算

ここから本文です
ヤマハ発動機は5月13日、2022年1~3月期の連結決算を発表した。売上高が前年同期比8.5%増の4817億円、営業利益が同16.9%減の400億円、四半期純利益が21.9%減の326億円と増収2ケタの減益となった。

「二輪車はプレミアムモデルの生産制約で増収減益。マリンは大型船外機に注力して増収増益。ロボティクスは生産・物流遅延の影響によって減収だったが、収益性の改善により増益だった」と設楽元文取締役上席執行役員は1~3月期を総括し、原材料の高騰と部材不足、物流の混乱が業績の足を引っ張ったという。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン