サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 真紅に輝く野鳥界の大スター! 冬の北海道では街中でも見られます

ここから本文です

 北海道留萌市在住の写真家・佐藤圭さんが撮った貴重な動物、風景写真をお届けする週末連載。

 第51回は、日本で暮らす野鳥のなかでは珍しい、真っ赤な羽毛を持つギンザンマシコの画像をお届けします。

最北の富士とコラボ! サロベツ原野に飛来した「湿原の神」タンチョウの艶姿

 漢字で書くと、「銀山猿子」。猿の顔のように真っ赤な色なので、こう名付けられたそうです。

写真・文/佐藤圭

[gallink]

雪の札幌や旭川の市街地にも

 僕が、登山中に出会うとテンションが上がる、大好きな野鳥がいます。

 燃えるような鮮やかな赤い色をしたギンザンマシコです。

おすすめのニュース

サイトトップへ