サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【新型フィット好調の陰で「共食い」が!??】打開策は!?? 名門フリード大苦戦とホンダの誤算

ここから本文です

 ホンダの「新型フィット」が好調な売れ行きを見せているが、ネット上の質問箱などを見ると、新型フィットとフリードで悩んでいる人が一定数いるようだ。

 自販連が発表している販売台数を見てみると、2020年2月は新型フィット:8221台、フリード:7320台。売れてはいるのだが、フリードは販売台数ランキングで1月の6位から、2月は10位まで落ちた。

真に「家族思いの小型車」はどれだ 後席の広いコンパクトカーランキング

 これは新型フィット登場による共食いの影響なのか? それともたまたまなのか? 販売の現場を取材し、新型フィットとフリードが住み分けをきちんとできているのか? ホンダの屋台骨「フリード」減速の原因を探る。

おすすめのニュース

サイトトップへ