サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > より軽く、よりフィットする、「実は」細かい進化を続けていたa☆Tech10

ここから本文です

より軽く、よりフィットする、「実は」細かい進化を続けていたa☆Tech10

アルパインスターズの2021モデル新作発表会が都内で開催されました。ところが新商品のローンチ(発表)は2020年夏~秋頃を予定しており、まだ皆様にお伝えできないとのこと…そこで今回はちゃっかり細かい進化を続けているTech10について、お見せできる2020の最新モデルを見ながら、ちょっと分析してみようと思います。

同じTech10でもだいぶ違うんです
実は僕も2015年に買ったTech10を使っているのですが、改めて最新の2020モデルをじっくり観察してみるとだいぶ進化しているんですね。

ホンダ「CT125 ハンターカブ」の発売時期と予定価格が判明!

まず一目でわかるのが、バックルがカッコよくなってる! と思って見ていたのですが、どうやらこれは見た目だけじゃなく(当たり前)、軽量化や脱着操作のし易さなどに貢献しているとのこと。

そしてベンチレーションシステムの追加。写真右がフロント側のエアインテーク、取り込んだ風を後ろ側にあるメッシュ部(写真左)から吐き出します。2020年モデルで新しく発売したTech10 スーパーベンテッドはつま先やかかと、ソールにも工夫が見られましたが、ノーマルのTech10にもこんな進化があったんですね。

さらにソールも全然違っていた!
比べると、一目瞭然。右が最新モデルの新しいソールです。左も2019年9月に発表されたばかりの2020モデルのはずなのですが、形状が明らかに進化しています。

説明によると、よりフットペグにグリップするように、そして排泥性や水捌けも考慮して再設計されたとのこと。耐久性も高くなっているとのことなので、コンパウンドも変わっていそうですね。ソール修理の際に交換できる範囲が明らかに拡大しているのもポイントです。

その他、シンプレートの形状なども変更されており、全体的にスリムに。プロテクションを犠牲にしないで軽量化を実現しているそうですよ。

昨年のダブルピボットモーションシステムの採用のような、大きな変更点は私たちにも伝わる形で届きますが、このような細かい変化は実際に手にとって見比べてみなければなかなかわからないものですよね。今後も新色が発表されたら、色だけでなく細かいところまで目を配ってみると、新しい変化を発見できるかも知れません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します