サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > IMSA:アキュラ、2020年シーズン限りでペンスキーとの提携を終了と正式発表

ここから本文です

IMSA:アキュラ、2020年シーズン限りでペンスキーとの提携を終了と正式発表

IMSA:アキュラ、2020年シーズン限りでペンスキーとの提携を終了と正式発表

 ホンダの北米ブランドであるアキュラは7月21日、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のDPiプログラムをともに実行しているチーム・ペンスキーとのパートナーシップが2020年シーズン末に終了することを発表した。

 北米スポーツカーシリーズに誕生した新しいトッププロトタイプカテゴリーに、ライバルのキャデラック、マツダ、ニッサンから1年遅れとなる2018年に参入したアキュラ。
 
“名門”チーム・ペンスキーとタッグを組みアキュラ・チーム・ペンスキーとしてシリーズに挑んだプロジェクトは、オレカ07ベースのアキュラARX-05を2台走らせ参戦初年度から勝利をマークすると、これまでに通算4勝、計14回のポディウムフィニッシュと9度のポールポジションを獲得している。

ペンスキーが語るル・マン24時間復帰の野望「私たちのチームは目標を必要としている」

 さらに、2年目となった昨シーズンはファン・パブロ・モントーヤ/デイン・キャメロン組6号車アキュラARX-05がシリーズチャンピオンを獲得し、これが同プログラム成功のハイライトとなっている。

 そんなアキュラの声明によれば、チーム・ペンスキーとの3年間のプロジェクトは「相互合意」によって終わろうとしているという。

「アキュラとHPD(ホンダ・パフォーマンス・デベロップメント)の全員を代表して、チーム・ペンスキーの素晴らしい努力と、アキュラARX-05での目覚ましい成果に感謝したい」と語るのはアキュラ・モータースポーツの競技部門であるHPDのテッド・クラウス社長。

「(2017年の開発期間を含め)プログラムの最初の2年と少しの間に我々がともに達成した成功は、私たちがより多くの勝利を手にし、シリーズタイトルを守り抜き最高のかたちでパートナーシップを終了させる決意をさらに強くした」

 今回の提携終了のアナウンスではアキュラによるDPiプログラムの将来については何も発表されていないが、Sportscar365はペンスキーに代わる他のチームがこれを引き継ぐことが可能であると理解している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します