サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【角田裕毅F1第10戦密着】前半は無理な追い抜きを仕掛けずタイヤを温存。ピットストップで順位を上げ、入賞をもぎ取る

ここから本文です

 2021年F1第10戦イギリスGPが開催されているシルバーストンのパドックで、レッドブル育成システムを統括するヘルムート・マルコ(モータースポーツアドバイザー)に、2022年のドライバーラインアップについて、筆者が質問した。すると、マルコはこう答えた。

「夏休み後までは決定しない。発表は早くてもベルギーGPだ。もしかするとイタリアGPかもしれない。したがって、角田はこのイギリスGPを含む、今後のすべてのレースでのパフォーマンスが重要になる。ポイント獲得が求められることは言うまでもない」

角田裕毅10位で今季4度目の入賞「プランどおりにうまくやれた。厳しかった週末に得点できてうれしい」/F1第10戦決勝

 しかし、シルバーストンはオーバーテイクが難しいコースとして有名だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン