サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > チャロウズがFIA F3の体制を発表。ラルフの息子、ダービッド・シューマッハーや日系ドライバーのイゴール・フラガらがラインアップ

ここから本文です

チャロウズがFIA F3の体制を発表。ラルフの息子、ダービッド・シューマッハーや日系ドライバーのイゴール・フラガらがラインアップ

チャロウズがFIA F3の体制を発表。ラルフの息子、ダービッド・シューマッハーや日系ドライバーのイゴール・フラガらがラインアップ

 チャロウズ・レーシング・システムは、2020年のFIA F3に参戦するドライバーラインアップを発表。ダービット・シューマッハー、イゴール・フラガ、ニコ・カリという布陣でシーズンを戦うこととなった。

 UAE F4、ADAC F4(ドイツF4)、フォーミュラ・リージョナル欧州選手権などで実績を残してきたダービットの父は、ウイリアムズなどで活躍した元F1ドライバー、ラルフ・シューマッハー。F1歴代最多勝記録を持つミハエルは叔父、その息子であるミックはいとこにあたる。

■未来のF1チャンピオンは俺だッ! 注目の若手海外ドライバー10選

 ダービッドは昨季、カンポスからFIA F3ソチ戦にスポット参戦すると、チャロウズからマカオGPにも参戦していた。そして2020年は晴れてチャロウズのレギュラードライバーとして戦うこととなった。

「チャロウズからFIA F3にフルタイム参戦することができてとても嬉しいし、感謝している」とダービットは語った。

「昨年は(FIA F3車両で)ふたつのイベントを走ったけど、これは今シーズンに向けた良い準備になった。こういった練習をする機会は貴重だし、マシンについて理解を深めることができた」

「今シーズンはまた一歩前進することができると思うし、できるだけ上の位置でフィニッシュできるようがんばるよ」

 日本生まれの日系ブラジル人ドライバーであり、eスポーツ界でも様々な実績を残しているフラガは、昨年フォーミュラ・リージョナル欧州選手権でランキング3位。今年1月に開幕したトヨタ・レーシング・シリーズでは現在、角田裕穀やリアム・ローソンらの有力選手を抑えてランキングトップにつけている。

 フラガは次のようにコメントした。

「FIA F3にチャロウズから参戦できることを楽しみにしている。とても競争の激しいシリーズで、プロフェッショナルな環境だと思う」

「F1のイベントと並行して開催されるということも、信じられないことだ。シーズンが始まるのが待ちきれないよ」

「今年は学習の1年だと思う。もちろん、レースに勝つことが目標だけど、僕はこの挑戦を甘く見ていない。ベストを尽くして目標に向かって突き進む」

 カリは、3人の中で最も経験豊富なドライバーだ。FIA F3の前進であるGP3時代から参戦していて、2017年にはヤス・マリーナ戦のフィーチャーレースで優勝。昨年はトライデントから参戦し、3位表彰台を2度獲得してランキング12位となっている。

 3月の開幕を前にして、FIA F3のドライバーラインアップも徐々に明らかになっており、今回の発表で計7チーム18名のドライバーがアナウンスされたことになる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します