サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WEC上海で敗北喫したトヨタ、ハンディキャップへの”支持”は変わらず

ここから本文です

 FIA世界耐久選手権(WEC)の第3戦、上海4時間レースはレベリオン・レーシング1号車が優勝を飾った。トヨタTS050の連勝は、7戦でストップすることとなった。

 トヨタがWECで勝利を逃したのは、ワンツーフィニッシュを果たしながらもレース後の車検でスキッドブロックに規定違反が見つかったことで失格となった、2018-2019”スーパーシーズン”の第3戦シルバーストン以来となる。さらにその前となると、ポルシェが勝った2017年の第6戦オースティンまで遡る。

■WEC上海:レベリオンが今季初優勝。トヨタは意地のダブル表彰台

 今季LMP1クラスに導入された”サクセス・ハンディキャップ”により、トヨタは苦しいレースを強いられた。