サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【過去最高に驕りはないか!?】熟成期に入ったレクサスの苦悩と明るい未来

ここから本文です

【過去最高に驕りはないか!?】熟成期に入ったレクサスの苦悩と明るい未来

 2020年2月、レクサスは昨年の世界新車販売実績を発表した。それによると総販売台数は76万5330台。前年比10%増、過去最高の成績となった。

 2019年1~12月の主要地域別の販売実績を見ると、北米では約32.5万台(前年比100%)とほぼ横這いながら、中国は約 20.2万台(前年比 125%)、欧州は約 8.7万台(前年比 114%)、中近東は約 3.2万台(前年比 108%)、東アジアは約 3.4万台(前年比 108%)など、ほかのすべての地域で前年比プラスとなっているのが目をひく。

【最新技術REレンジエクステンダーをひっさげデビュー!!】 マツダ2は2021年フルモデルチェンジ!!!

 一方、日本ではどうだったのか? 日本におけるレクサス車の販売は2019年の新規登録台数が6万2394台で、前年に比べて13.2%増と堅調だった。

 さて、順風満帆に見えるレクサスだが、2020年以降はどうなっていくのか? 新車登場スケジュールは? 流通ジャーナリストの遠藤徹氏が解説する。

文/遠藤徹
写真/レクサス ベストカーWEB編集部
CGイラスト/ベストカー編集部

※新型車登場スケジュールは2020年2月時点で流通ジャーナリストの遠藤徹氏が、各メーカーや新車販売店に取材した結果を反映したものであり、発売日が近づくことによって流動する可能性があります。新情報が入り次第更新していきます

【画像ギャラリー】デザインに力がある現行レクサス全モデルの詳細写真

2019年売れたレクサス 売れなかったレクサス

2019年1~12月の販売台数を見るとISが2050台で月販平均台数が171台と売れ行きはさっぱり。ISのデビューは2013年5月と登場してから約7年が経つ。これではBMW3シリーズやベンツCクラスに太刀打ちできないだろう


■2019年1~12月販売台数/月販平均台数
LS:3145台/262台
LX:1137台/95台
GS:1049台/87台
ES:1万1140台/928台
IS:2050台/171台
CT:2344台/195台
RX:9561台/797台
NX:1万3233台/1103台
UX:1万6395台/1442台
LC:656台/55台
RC:1684台/140台

 日本における2019年のレクサス車の新規登録台数は6万2394台で前年に比べて13.2%増と好調だった。2018年10月24日に新型最上級FFセダンの「ES」、同年11月27日に新型コンパクトSUV「UX」を発売、両モデルがフルに販売したのが貢献している。

 とはいえ、全体の数値だけを見れば「波に乗っている」順風満帆に見えるが、個々に車種別に見ると喜んでばかりはいられない。

 ほとんどのモデルが古くなり、需要一巡で大幅なマイナスになっているので、日本のレクサス市場はそれほど喜べる状況にはないといえる。

 足を引っ張る形になっているのが、GS、IS、CTの3車種だろう。GSは2012年1月の登場でデビューから約8年、ISが2013年5月のデビューで約7年、CTにいたっては2011年1月登場だから約9年といずれも長寿車である。

 販売台数を見ると目もあてられない。2019年1~12月の販売台数をみると、GSは1049台で月販平均台数は87台、ISが2050台、月販平均台数が171台、CTが2344台、月販平均台数は195台と散々たる台数である。

 SUVが好調とはいえ、この3車種はラグジュアリーブランドの屋台骨ではなかったか。EセグメントのGS、DセグメントのIS、CセグメントのCTがことごとくこの状態では先が思いやられる。

2019年1~12月の新車販売台数は1049台、月販平均台数は87台と販売不振のGS

 輸入車の各車種の販売台数は公開されていないため、正確なことがいえないが、レクサスの2019年の新車販売台数の6万2394台というのは、2019年の輸入車販売台数NO.1を達成したメルセデスベンツの6万6523台(対前年比98.5%)より4129台少ない規模である。

 ちなみにBMWは4万6814台(対前年比91.8%)、アウディは2万4222台(対前年比91.5%)と、日本市場で販売される欧州ラグジュアリー(プレミアム)ブランドよりも土筆の頭が飛び出した程度である。

 ラグジュアリーブランドには,「歴史」と 「文化」、製品の品質、信頼性、卓越性に関わる「製品の誠実さ」、著名人による支持・保証を意味する「エンドースメント」、ブランドイメー ジへの投資である「マーケティング」、そして「価値主導の創発」といった要素が必要といわれている。

 また、私がレクサスディーラーを回って感心するのは、販売方法である。日本のレクサス販売店は店舗規模ごとに標準デザインが策定され内装素材などについても細かく規定されている。

 これほど徹底した店舗デザインの共通化は米国も含めて他国では行われていない。 建設費用は通常のトヨタ店舗の3倍ともいわれているが全額販売会社の負担である。

 入り口に総合受付を置き、半個室的に仕切られた商談スペースとオーナー専用ラウンジが備えられている。

 さらに通常はショールームに隣接する事務スペースはお客から見えないバックヤードに置かれ、あたかもホテルのラウンジのような雰囲気を持ったレクサスの店舗は従来の自動車ショールームとは大きく異なるものになっている。

レクサスショールームの商談スペースはモニターを見ながら営業マンから説明を受ける

 高級車の専業メーカーである欧州競合ブランドのアプローチとは異なり、大衆車メーカーであるトヨタがその強み(品質、接客)を最大限に生かしながら自らの手で新たな価値(スマートラグジュアリー)を生み出したことにある。

 日本のモノづくり企業が高級市場への進出を検討する際、歴史がなくても新しいタイプのラグジュアリーブランドを生み出せる可能性をレクサスの事例は示した。

 顧客志向に立ち、マーケティング発想に基づき先進技術と高品質を訴求するラグジュアリーブランドの新しい形をレクサスは提示してきたのである。

 こうしたレクサスの”おもてなし”販売がようやく実を結んできたといえよう。レクサスの接客術は高級ホテルや高級ブランド店にいるかのような、コンシェルジュの思わせるものだ。 私が知るかぎり、BMWやメルセデスベンツのディーラーではしていない。それに近い雰囲気はマツダの新世代店舗だ。

 それを裏付けるように、J.D.パワー2019年日本自動車サービス満足度調査・総合満足度ランキング、ラグジュアリーブランド別ランキングでは、レクサスが13年連続で1位を獲得。

 「サービス納車」「サービス担当者」「サービスクオリティ」「店舗施設」「入庫時対応」の全ファクターで対象ラグジュリーブランド中、最高評価だった。

※出典 /J.D.パワー2019年日本自動車サービス満足度調査・総合満足度ランキング

 2005年の販売スタートから早15年、レクサスが熟成期を迎えようとしている。デザインに関してもチーフデザイナーの福市得雄氏が推し進め、2012年のGSから採用されたスピンドルグリルやエッジの効いたパワーのあるデザインはだいぶ馴染んできて、デザインが欧州ラグジュアリーブランドに負けないウリの1つになった。

 また、最新のESやUXは、トヨタのTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を活用した、レクサス版のGA-KやGA-Cプラットフォームを採用したことにより、走行性能だけでなく乗り心地においてもしなやかな上質さを手に入れるようになった。

2020年のレクサス それ以降の新車デビュースケジュールはどうなる?

 さて、今後もレクサスは過去最高を更新するほどの勢いを保ち続けるのか? それは今後新車登場スケジュールを追っていけばある程度の予想はつく。

 まず、2020年の新車登場スケジュールだが、まったくの新規モデル、フルモデルチェンジする新型車はなく、2020年10月から年末にかけてビッグマイナーチェンジするISとLSのみだから、2019年前年実績を上回ることは難しいと予想される。

 さらに2021年以降、レクサスからどんな新型車が出るのか、今わかっている情報をすべてお伝えしていきたい。新車登場スケジュールを表にまとめたので見てほしい。

■各レクサス車の現行型のデビュー時期/次期型デビュー予想時期
●LS:現行2017年10月登場/2020年11月頃ビッグマイナーチェンジ、2021年10月頃LS F追加
●GS:現行2012年1月登場/2020年7月頃モデル廃止ではないかと予想(未定)
●ES:現行2018年10月登場/2022年10月頃ビッグマイナーチェンジ
●IS:現行2013年5月登場/2020年10月頃ビッグマイナーチェンジ
●CT:現行2011年1月登場/次期CTは2021年12月頃登場
●LC:現行2017年3月登場/2020年7月頃LCコンバーチブル追加。2021年3月頃ビッグマイナーチェンジ
●RC:現行2014年10月登場/2023年10月頃次期RC登場
●LX:現行2015年8月登場/次期LXは2020年冬~2021年春頃登場
●RX:現行2015年10月登場/次期RXは2022年10月頃登場
●NX:現行2014年7月登場/次期NXは2021年7月頃登場
●UX:現行2018年11月登場/2021年1月頃UX300e追加、2022年11月頃ビッグマイナーチェンジ
■新規SUVのLF:2021年11月頃登場
■新規アルファードベース高級ミニバンLM300h:2020年2月から中国で発売(約1820万~2290万円)。日本導入の予定は今のところなし

※次期型登場スケジュールの内容は遠藤徹さんがメーカーや販売店を取材して得た情報です。2020年2月時点での情報で今後は変わる可能性があります。新情報が入り次第お伝えいたします。

ISのビッグマイナーチェンジ/2020年10月頃デビュー

写真は現行モデルのIS300h

 さて、ここから気になる注目車の動向を個別に見ていこう。まずISだが、ビッグマイナーチェンジは2020年10月頃になりそうだ。

 「プラットフォーム&パワートレインは基本的には変わらないが、ボディパネルは4枚のドア以外はすべてが一新される」(首都圏レクサス店営業担当者)という情報が入ってきている。

 ボディサイズは現行モデルに比べて全長25mm、全幅30mm、全高5mm延長&拡大する。フロントマスクは最近のレクサス車に見られるように大型グリルデザインを採用し、質感をさらに上げる。

 リア回りではリアコンビランプの左右独立タイプから一体型で夜間での視認性を向上させる。アルミホイールは見栄えの良い新デザインを採用する。エクステリアデザインで特徴的なのはリアのクオーターパネルの処理である。

 現行モデルではトランク部分を明確に独立させたような3ボックスレイアウトだが、改良型はクーペ的にファストバックに近い処理を採用する。室内は全幅の拡大や内張レイアウトの工夫で若干の広さを確保している。

 パワーユニットの2Lターボ、2.5Lハイブリッド、3.5LNAガソリンは同じだ。ハイブリッドは足回りの強化などで走りのポテンシャルアップは大幅に向上させる。

 これらのコストアップで車両本体価格は30万円程度引き上げられるもよう。この改良型ISの上級シフトによって、アッパーミディアムセダンのGSが廃止されるという情報も入ってきている(未定、確定情報ではない)。

再投入することが判明したIS F(CGイラストはベストカーが製作したもの)

 さらに注目すべきポイントは現行モデルでIS Fが復活するということだ。IS Fはレクサス初のFモデルとじて初代ISをベースに開発されたが、2013年のフルモデルチェンジ以降、現行型には設定されず、4ドアのFはGS Fに引き継がれていた。

 しかし、よりコンパクトな4ドアのFを求める声が多く、マイナーチェンジとは別に新たにIS Fが投入される見込み。

 パワートレインはほかのFモデルと同じV8、4968ccNAで最高出力481ps、最大トルク54.6kgmを発揮し、8速ATが組み合わされるというもの。このIS Fの投入により、GS Fがラインナップから消滅することになる。

 さて、一番気になる次期ISがいつ登場するのかということだが、今掴んでいる最新情報によれば、2020年10月頃にビッグマイナーチェンジした後は少なくとも今後3年以上フルモデルチェンジする計画がないことが判明した。

今後3年以内にフルモデルチェンジの計画がないことが判明したが、新しい情報が入り次第追ってお伝えしていこう(CGイラストはベストカーが製作したもの)

レクサスLSビッグマイナーチェンジ/2020年11月頃デビュー予定

登場3年目でビッグマイナーチェンジが行われるLS

 最上級サルーンのLSもISと同様な大幅改良を施す。LSが登場したのは2017年10月だから約3年目でのビッグマイナーチェンジとなる。内外装のデザイン変更、よりスタイリッシュなボディシェルを採用しクオリティアップを図る。

 また安心パッケージの「レクサスセーフティセンスプラス」は最高レベルに進化させたデバイスを標準装備する。ハンズフリーの自動運転支援装置も標準装備車を設定するものと思われる。

 さらに2021年10月頃には、ハイパフォーマンスモデルの「F」が加わる。これまで「F」モデルは5L、V8NAエンジンを搭載していたが、このLS Fは4L、V8ツインターボを搭載、670ps/66.3kgmを発生するというから期待できる。価格は2000万円超えと予想される。

フラッグシップサルーンのLSにもラインナップされるLS F(CGイラストはベストカーが製作したもの)

新型CT200h/2021年12月頃デビュー予定

2011年11月にデビューした現行モデルのCT200h。2017年10月のビッグマイナーチェンジではスピンドルグリルの採用などで大幅にデザインを変更

 2011年1月にデビューした現行CT200hはトヨタブランドのプリウスをベースにしているが、よりハイクオリティ化を図る。

 格の違いを明確にするため、次期型ではパワーユニットをプリウス用の1.8Lから「UX250h」と同じ2Lハイブリッドに切り替え、「CT250h」の名称で世代交代する見込みである。

 プラットフォームはGA-Cとなり、内外観を一新、最新のレクサスデザインが採用される。

レクサスLX/2020年冬~2021年春頃デビュー予定

スピンドルグリルを採用し、ランクル300とはまったく違ったフロント回りになる新型LX(CGイラストはベストカーが製作したもの)

 トヨタはSUVのハリアーとランドクルーザー300を2020年6~8月頃にフルモデルチェンジする予定である。世代交代するので新開発プラットフォーム「TNGA」を採用する。

 それに伴い、ランドクルーザー300のレクサス版LXも2020年冬~2021年春頃登場するはずである。

 今後のモデル展開はどうなるのか。GSのモデル廃止に見られるようにセダンはプラットフォームがFR用ではラグジュアリークラスに1本化され、あとはESのようにFF仕立てになり、全体としてはセダンのラインナップは縮小する方向にある。

 これに代わるジャンルはミニバン、ステーションワゴン、5ドアハッチバックなどである。つまりトヨタブランドのプレミアムバージョンを拡大していくのが基本戦略といえる。

新規のラグジュアリーSUV レクサスLF/2021年6月頃デビュー予定

高級ラグジュアリーSUV市場に投入されるレクサスの新型SUV、LF(CGイラストはベストカーが製作したもの)

 ベントレーやロールスロイス、マセラティ、アルファロメオ、ランボルギーニなど、今世界の高級車ブランドが続々と投入しているのが豪華で贅沢なSUV。

 このクラスにレクサスが投入するラグジュアリーSUVがLFで、2018年1月のデトロイトショーで公開されたLF-1リミットレスの市販型となる。

 LF-1リミットレスは全長5014×全幅1986×全高1605mm、ホイールベース2974mmだったが、市販モデルは全長5005×全幅1980×全高1595mm、ホイールベース2990mm程度になると予想する。

2018年1月のデトロイトショーで公開されたLF-1リミットレス

 プラットフォームはLC、LSと同じくTNGAコンセプトのレクサス版、GA-Lプラットフォームを採用。注目されるパワートレーンはLSと同じV6、3.5Lハイブリッドに加え、「F仕様」専用のV8、4Lツインターボを設定する。トランスミッションはハイブリッドが電気式無段変速、4Lツインターボには10速ATが組み合わされる。

 予想デビュー時期は2021年6月頃。駆動方式は4WDのみで、予想価格は1350万~1800万円。発売されれば国産車最高級SUVとなるわけで、レクサスはこれで、ポルシェカイエンやランボルギーニウルスほか、世界の名だたるラグジュアリーSUVに斬り込むことになる。

レクサスLMの日本導入はあるのか?

アルファードベースのレクサスLMの日本導入予定は今のところないという

 トヨタはレクサスブランドを立ち上げた当初「ミニバンジャンルには参入しない」とのスタンスを明言していた。

 しかしながら、マーケットニーズがあり、ライバルのベンツ、BMW、アウディが相次いでワイドバリエーション化でジャンルを拡大している昨今では、バリエーションに制限を設けることは得策ではないという考え方に変わるのは自然の流れといえそうだ。

 気になるのは中国向けに投入するラグジュアリーミニバンの「LM」の国内投入に踏み切るのはいつかということである。

 同モデルはトヨタブランドの「アルファード/ヴェルファイア」をベースにVIPが乗る2列シート4人乗り仕立てとしている。

 パワーユニットは3.5L、NA&同ハイブリッドを搭載することが有力。日本仕様は存在しないというのが、現時点での見解のようだが、こちらも近い将来、路線変更する可能性は十分にある。

 トヨタはレクサスブランドを国内で立ち上げる当時「レクサスブランドの販売でベンツ、BMWのシェアから20%取得するのを当面の目標としたい。」とコメントしていた。

 ところが日本での立ち上がりから15年以上が経過した今日でも達成できておらず、ベンツ、BMWは引き続き日本でのシェアを伸ばし続けている。

 今後、レクサスブランドが一段と販売を伸ばすには商品ラインアップの強化と販売サービスネットワークを充実拡大させる必要がある。トヨタブランドは2025年までに2017年時点での約60車種を半分に減らす戦略を進めている。

 こうしたなかでレクサスは逆に車種をさらに拡大する方向で態勢の強化策を展開している。したがって今後はベンツ、BMWと同じようなプレミアムモデルにおけるフルラインナップ態勢を整える方向に舵を切るものと思われる。

【画像ギャラリー】デザインに力がある現行レクサス全モデルの詳細写真

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します