サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 久々にバイクに乗ろうとしたらエンジンがかからない!考えられる原因とは?

ここから本文です

■久々にバイクに乗ろうとしたらエンジンがかからない時の原因は?

 しばらく放置していたバイクのエンジンがかからないという原因には、「バッテリー上がり」「キャブレター詰まり」「ガス欠」などが考えられ、なかでも自然放電による「バッテリー上がり」は大きな要因の1つと言えます。バイクに使われる鉛バッテリーの特性として、避けられないのが「自己放電」と「暗電流」です。

バイクのエンジンオイルは定期的にチェックが必要!メンテナンス方法とは?

 鉛バッテリーは例え何も繋いでいなくても、セル内部で電極と希硫酸による化学反応が発生し、常に自然放電してしまっています。

おすすめのニュース

サイトトップへ