サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > プロトタイプからの変化も細かく比較! 祝・正式発表!! もっと知りたい新型フェアレディZ!!

ここから本文です

プロトタイプからの変化も細かく比較! 祝・正式発表!! もっと知りたい新型フェアレディZ!!

 2021年8月18日、ニューヨークでワールドプレミアされた日産の新型フェアレディZ。その細部をもっともっと掘り下げて深く知りたい!!

 各世代の意匠を随所に取り入れた『Zの集大成』ともいえる新型を日本導入前に徹底研究する!!

普及には成長と分配が必要? EVが売れる秘策は安価なモデルと燃費課税にあり!?

※本稿は2021年9月のものです
文/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年10月10日号

[gallink]

■シンプルだがひと目で『Z』とわかるスタイル

北米仕様の『Performance』および240台限定の『ProtoSpec』では19インチタイヤが装着される。写真にはないのだが、『Sport』グレードは18インチとなる

 8月18日、ニューヨークでワールドプレミアされた新型フェアレディZ。北米では単に「Z」と呼ばれるため、今回公開された北米向け市販モデルの車体には「FAIRLADY」の文字は記されていないが、もちろん、日本向けモデルの正式名称は「フェアレディZ」となる。

全幅=1844mm、全高=1316mmで現行型と1mm差となっているが、これは単位換算の誤差で、事実上は同寸とみていい

全長は4379mmで現行型に対しプラス119mm。ホイールべースは2550mmで変更なし

フロントフードよりもリアデッキの高さが低いプロポーションは、初代S30型を踏襲したもので、これが「Zらしい」佇まいを演出している。なお、車体サイズは北米向けのインチ表示を換算値で示したため、今冬正式発表される国内モデルで示される数値とは若干の誤差がある

 昨年9月、プロトタイプとして新型Zは横浜の地で初公開されたが、今回公開された市販モデルは、ほぼプロトタイプのスタイリングを踏襲しており、エンブレムを見るまでもなく、ひと目見ただけで『Z』だ!! とわかるプロポーションを作り上げている。

 ヘッドライトのイメージは初代S30型、リアコンビランプのデザインはZ32型を受け継いでいるが、そういったディテールの造形の問題ではない。

 伸びやかで、前端に向かってシャープなエッジラインを形作るフロントフードや、ラウンドしたルーフラインからリアクォーターにかけてのマッシブながらエレガントさを感じさせる面構成など、S30型やZ32型のプロポーションをオマージュし、現代流にアレンジして、新しいけれどDNAを感じさせる新型Zを作り上げているのだ。

シュッと流れ落ちるようなルーフラインから繋がるリアデッキへのラインが美しい。リアクォーターからリアフェンダーにかけての抑揚をつけられた面構成が力感的だ

■インテリアもプロトタイプのイメージを踏襲

インパネセンターの3連メーターはZの伝統。タイトなコックピット感を演出したスポーツカーらしいインテリアは、レトロさとともに新しさも感じさせるものだ

 インテリアも昨年公開されたプロトタイプで提案されたイメージをほぼそのまま受け継いでいる。

 印象的なのが液晶パネルを全面的に使用したメーターパネルだ。

 センターに大型のタコメーターを表示し、左側にブースト計、右側に油温計、油圧計、水温計、デフオイル温度計が並ぶレイアウトが標準的な表示のようだが、液晶グラフィカルなので、オーナーの好みでカスタマイズが可能である。

 また、インパネセンターに並ぶ3連メーターは歴代Zの伝統で、しっかりこれも踏襲されており、レトロと最先端が上手に融合したコックピットだといえる。

新型Zは現在販売されるモデル同様2シーターのみの設定。写真は北米で発表された240台限定の『ProtoSpec』のものだ

現時点では3ペダルの6MT仕様の写真のみの公開だが、9速ATもある

メーターパネルは液晶を採用。表示は3タイプにカスタマイズ可能

 トランスミッションは3ペダルの6速MTに加え、新開発された9速ATが搭載されるが、展示車両をはじめ、日産から提供されたスタジオ写真でもATモデルのものはなく、AT仕様のシフト周りのデザインは未公開だ。

 エンジンはスカイライン400Rにも搭載されるV6、3L(2997cc)ツインターボのVR30DDTTで最高出力405ps、最大トルク48・4kgmを発揮する。

エンジンはスカイライン400Rに搭載されるVR30DDTTと基本は同じだが、リサーキュレーションバルブが採用され、レスポンスがアップ。405ps/48・4kgmを発揮する

■さらに深掘り!! 新型は現行とここが違う!!

新型Zと現行Z34型Zを並べて比較。ホイールベースは2550mmで両車共通。現行型の写真は向きを合わせるために左右反転した。Aピラーの角度、ルーフ頂点などが同じであることがわかるいっぽう、プロポーションの差異が明確だ

 7代目となる、この新型フェアレディZは、現在販売されている6代目「Z34型」の形式名を踏襲することになる。

 その観点「だけ」で論じれば、新型Zはフルモデルチェンジではなく、BIGマイチェンではないのか? とも言えるだろう。

 しかし、内容を見ていけばそうは思わないし、思えない。

 たしかにプラットフォームの一部、車体構造の一部を前型から引き継いでいるものの、サスペンションなどは新たにチューニングされており、エンジンやトランスミッションなどは「フルチェンジ」。

 全幅1845mm、全高1315mmは変わらないいっぽうで、全長は約120mm延長される。

 ニューヨークでの発表の場で田村宏志CPSに話を聞くと、「プラットフォームはZ34を流用しながらアップデートしています。

 プラットフォームは変えないほうが開発費も抑えられ、販売価格をリーズナブルにできる。剛性も変えていますし、後ろ周りも変えています。

 単に硬くするのでなく前後のサスペンションのバランスをとりながらGT-Rで培ってきた技術で静粛性もアップしています。サスペンションはコイル、ダンパー、ブッシュ類、アライメントも変えています」と答えている。

■形式名は同じでこの進化! これは事実上のフルモデルチェンジだ!

新型Zと現行型Zのスペック

 Zの柳田こと柳田春人氏は、「形式名はZ34のままってことだけど、実際、フルモデルチェンジだよね。

 たしかにホイールべースは同じで、見たところAピラーの位置や角度、ルーフの形状、さらにサスペンションの取り付け位置などは同じだから『基本骨格はZ34と同じ』ということなんだろう。

 ただ、エンジンは違うし、特にATは9速でトランスミッションも違う。サスペンションのセッティングや重量配分なども違うはずだし、『新規開発』といえるよね。よくここまで作った。一般的なフルモデルチェンジ以上の工程がかけられていますよ、ここまでやるには。

 おそらく、型式をZ35にするとなると、型式認証などでかかるコストが大きくなるため、開発費が大きくなってしまい、販売価格が大幅にアップするか、あるいは企画として成立しなかったのだろうね。

 超BIGマイチェンということにして世に送り出してくれたことは、日産のファインプレーだと思う。実際、フルモデルチェンジですよ、新型Zは!!」と期待を寄せる。

 ここまで読んでいただければ、もうおわかりいただけただろう。7代目、新型Zは大きく進化して登場する。我々は安心して、その日本デビューを待てばいい。

[gallink]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します