サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【電動の開発に力を注ぐ】メルセデス・ベンツ「合成燃料、実行可能なオプションではない」

ここから本文です

電動化の開発に集中

text:AUTOCAR UK編集部

【画像】メルセデス・ベンツEQC、ジャガーIペイス、アウディeトロン、テスラ・モデルS【ライバル比較】 全74枚

メルセデスの研究開発のトップ、マーカス・シェーファーは、合成燃料の自動車への使用は中期的には現実的ではなく、同社は電動化に投資を集中していると述べている。

ベントレー、マツダ、マクラーレン、フォルクスワーゲンなどの一部のメーカーは、ガソリンやディーゼルに代わる信頼できる代替品として、またより新しく、クリーンなエネルギーとして合成燃料を研究している。

しかし、シェーファーはメルセデスは、異なる道を進んでいると述べている。

おすすめのニュース

サイトトップへ