サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【気づけば販売はライバルの1/36に…】日産フーガはなぜクラウンになれなかったのか? 

ここから本文です

 日産の高級車構想に方針転換が起きている――。2019年12月23日、日産はシーマとフーガの仕様を向上し、近く発売すると発表した。

 具体的には、ACCを全グレードに標準装備するなど先進安全装備が主な内容で、これによって、シーマとフーガの全グレードがサポカーSワイドの対象となった。

【新生マツダのシンボル2車種に暗雲!? 光明!??】マツダ3&CX-30の評価と課題

 日産が誇るプレミアムセダンである現行Y51型フーガは、2009年登場であるから、すでに11年目。

 フーガの前身であるセドリック/グロリア時代にライバルだったトヨタクラウンは、2019年に36,125台も売り上げたのに対し、フーガはたったの1,068台。

おすすめのニュース

サイトトップへ