サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「SR文化のバトンをつなぐ」生産終了のヤマハ『SR400』、カラーとデザインに込めた想いとは

ここから本文です
1978年の発売以来、43年に渡る歴史に終止符を打ち、生産終了となったヤマハ『SR400』。今年3月に発売された「ファイナルエディション」は、1000台限定のリミテッドモデルは即完売し、年間5000台の販売を予定するスタンダードモデル2色も予約で完売状態だ。さらにこのファイナルエディションの発表を受け、SR400の中古市場価格までも軒並み上昇する事態となっている。

これまでの国内販売台数は12万台にも及ぶ記録的ベストセラーモデルのファイナル仕様に、ヤマハはどんな想いを込めたのか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン