サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「最新モデル試乗」BMW8シリーズの本命、グランクーペは富裕層のファーストカーに相応しいか,乗ってみた!

ここから本文です

「最新モデル試乗」BMW8シリーズの本命、グランクーペは富裕層のファーストカーに相応しいか,乗ってみた!

グランクーペはロングホイールベース構成。室内は実用的なフル4シーター

 8シリーズの「本命」が4ドアモデルのグランクーペ。2ドアのクーペ、コンバーチブルに続く第3のスタイルになる。
 8シリーズの流麗なクーペフォルムとダイナミックなパフォーマンスを妥協することなく継承しながら、実用的な4ドア・フル4シーター(短時間なら5名乗車も可能)である。

マツダ新世代商品、第1弾となる「マツダ3」が待望の日本デビュー

 性能重視の高級ラグジュアリー4ドアクーペは、2ドアシリーズよりもいまや売れセンだ。それゆえライバルも多い。元祖というべきメルセデスベンツCLSクラスにはじまり、アウディA7やポルシェ・パナメーラなどがその代表格。スーパーカー級の高性能がほしいというユーザーにはメルセデスAMGの4ドアGTやアストンマーティン・ラピード(生産終了)なども好敵手となる。

 グランクーペの基本メカニズムは8シリーズクーペ&コンバーチブルに準ずる。ただし、クーペ比で205mmもホイールベースを延長して後席を広げたほか、全高は60mmも高く、全幅も30mmワイド。ボディのスリーサイズは5085×1930×1405mm。実際に対面するとかなりのビッグサイズだ。造形はエレガントであると同時に、強い存在感を主張する。

加速性能はスーパーカーに匹敵! 走りに一切の妥協無し

 ラインアップは7グレード構成。最もベーシックなのはFRの840i。3リッター直6ターボ(340ps/500Nm)をフロントミッドに積む。その他のグレードは3リッター直6ディーゼルターボ(320ps/680Nm)の840dと4.4リッター・V8ターボ(530ps/750Nm)のM850i、そして600ps/750Nmを誇るトップパフォーマーのM8。上位3車は、xドライブ(4WD)である。

 M850iのドライブフィールはクーペとほとんど変わらなかった。ミラー越しの後席を視野に入れずに、前方を見つめてドライブしている限り、2ドアクーペとまったく同じ重厚なGTカーに終始する。がっちりとしたステアフィールも、スーパーカーに匹敵する加速性能も、大型4ドアサルーンとしては驚異的なレベルに達している。サイズは大きくなっても、その走りに妥協はまるでない。おそらくはリアトレッドを広げた効果で、ひと回りコンパクトなクーペと同等の走行感覚が得られたのだろう。

 FRの840iのドライブフィールも格別だった。4WD制御のステアフィールと比べて、いっそう手応えはすっきりとした印象。ドライバーの操作に応じて雑味なくクリアな反応を見せる。コーナーを曲がっていく際、望みの位置に前輪を正確に置ける感覚は、3シリーズ以上のBMWに共通する美点。運転好きならば、必ず気に入る操縦感覚である。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します