サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > なぜ日産「デイズルークス」は「ルークス」に改名したのか?

ここから本文です

スーパーハイトワゴンが主流になったことが最大の理由

突然ですが、2019年度の軽自動車セールスランキングのトップ3はなんでしょうか?

トップが2019年度で25万台近くを売った「ホンダ N-BOX」なのはご想像通りとして、2位は「ダイハツ タント」(17万台強)、3位は「スズキ スペーシア」(約16万台)。つまり、トップ3が全高1700mm以上で後席スライドドアの「スーパーハイトワゴン」となっています。ここが軽自動車のメインストリームというわけ。

2020年3月にフルモデルチェンジ(FMC)した日産の軽自動車「ルークス」もスーパーハイトワゴン。

おすすめのニュース

サイトトップへ