サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 今、大人気!200万~300万円台で購入できるコスパ最高のキャンピングカー7選

ここから本文です

今、大人気!200万~300万円台で購入できるコスパ最高のキャンピングカー7選

■連載/大森弘恵のアウトドアへGO!

2020年1月31日~2月2日の3日間、幕張メッセで日本最大級のキャンピングカーショー「ジャパンキャンピングカーショー」が開催された。

軽トラがログハウス!?ハイエースが茶室!?クルマで行く旅がテーマのイベント・カートラジャパンに話題を集めた「モバイルハウス」

会場には軽キャンピングカーからモーターホーム、トラベルトレーラーなど300台以上のキャンピングカー、車中泊カーが集結。どれも興味深いコンセプトのもとに製作されており、予算が潤沢なら、豪華で快適な車両は選びたい放題。

今回は初めてのキャンピングカー・車中泊として手を出しやすい350万円以下で、日常的に使いやすく、ベッド展開が楽な車両が多数見られたので、人気の理由を探ってみた。

ブロー/ルートライダー

日産のクリッパーがベースだが、アメリカっぽいスタイルは唯一無二。かわいい丸目が会場でもひときわ目立っていた(展示車両:249万5000円)。

車内に厚みのあるベッドマットを敷き詰めた車中泊カー。軽自動車ならこれくらい潔く、スッキリしているほうが使いやすいか。オレンジ色のベッドマットがボディーカラーとマッチしているのも好印象だ。

日産ビーズフィールドクラフト/ピーズ リラクス

NV200バネットがベースで、キャンピングカー専用のセカンドシートを搭載。対面型のダイネットにもなり、ドライブ中の休憩では自宅感覚でくつろげる。(展示車両:272万2364円)

セカンドシートをフラットにして、アルミフレームが組まれたラゲッジの上にベッドを載せるだけ。左右のキャビネットは薄いため、車内が広く感じる。ベッド下は仕切りのない大きな収納を確保。

スマイルファクトリー/オフタイムトラベラー

スズキエブリィがベースのオフタイムシリーズ。左はオフタイムトラベラー2(展示車両価格:255万8820円)、右は新型のオフタイムトラベラー3(展示車両:276万2570円)。

オフタイムトラベラー2は全面ベッドにも、ベッドを分割して一人用ベッド+セカンドリートにもできる。リアには薄型ではあるが薄型収納があり、ちょっと長いモノを収納できるのが便利。

大人がゆっくり眠れる広いベッドにロフトマットをプラス。後ろ向きに座れば、ロフトマットをデスクがわりにできる。数泊のキャンプ旅に必要となるデスクワークや子どもの宿題にこちらを利用したい。

ホワイトハウス/N-VAN コンポ・スタイルツー

N-VANをベースに、電子レンジやシンクを搭載した意欲作(展示車両:323万3000円)。

リアに折りたたみ式シンクを載せるシェルフや収納棚、電子レンジを配置。3段の棚はシンクを外せばパタンと倒せるので使わない時はスッキリ。

N-VANは助手席側がピラーレスなのでベッド展開が楽。ホワイトハウスらしく運転席が回転する仕様で、運転席側もゆとりのベッドスペースを確保している。おかげでクラスの割に装備が充実する中、圧迫感は少なめとなっている。

フィールドライフ販売/KONG

エブリィをベースに、操作性にすぐれたポップアップルーフを搭載(エレベーティングルーフも設定あり)。軽自動車だからこそ、ポップアップによるゆとりが際立つ。(展示車両335万5000円)。

セカンドシートのベッド展開は簡単。ポップアップルーフと高さを抑えた薄型シンクのおかげで思いのほか広く感じる。オプションのテレビはアームの角度を変えられるので外ですごすときにも鑑賞可能だ。

西尾張三菱自動車販売/キャンピングカーIIふらっと

200万円台というお手頃価格の軽キャンピングカーとして根強い人気を誇るのが、西尾張三菱自動車のふらっと。(展示車両:215万7800円)

車内にシンクはなく、ベッドマットとテーブルのみ。ベッド下には引き出し式の収納庫を用意しており、ガスコンロや食器などを収納するのに役立つ。

上部の棚は、仕切りを取り外すと釣り竿のような長い道具を収納できる。長尺物は置き場所に困るので、これはうれしい装備。

西尾張三菱自動車では、ほかにデリカD:POPとアウトランダーPHEV E:POPも展示。どちらもベース車両が高額なので350万円以下とはいかないが参考までに。

デリカD:POPは「普段使いできる車中泊カー」がコンセプトで、ポップアップルーフが標準装備されているのに高さは199cm。都心部での駐車場探しが苦にならない。

サードシートを跳ね上げられるので、ベッド下に収まらない背の高い荷物を置ける。

車中泊をしていてもガマンせずに家電を使えるアウトランダーPHEV E:POP。電気とガソリンが満タンなら、家庭で使う電力の10日分をまかなえるので、ドライヤーやホットプレートの使用もOK。

ポップアップルーフを展開すると4名が就寝できる。無駄な装備はないが、ほとんどの家電を使えるので、電気毛布やコーヒーメーカーなど必要な道具を持ち込んで、自分だけの車中泊カーに仕上げればいい。

フロット・モビール/シュピーレン 

ハイエースよりもコンパクトなライトエースバンをベースにすることで、狭い道でも扱いやすいシュピーレン。レイアウトの違う2モデルを展示していた。

2人掛けバタフライシートリヤフルフラット仕様(展示車両:315万9000円)。204×150cmの大型フルフラットベッドになるのでペットとの車中泊にもちょうどいい。

こちらは一人がけバタフライシート(展示車両:314万6000円)。ひとり用ベッドを確保しつつ大型の道具を積載できるのがいい。サイドの収納棚にあるテーブルはスライドレールに差し込むので脚がなく使い勝手がいい。内装にシックな新色が追加され、男性の趣味部屋として積極的に使いたい。ちなみに、一人がけバタフライシート仕様ではNV200バンベースも新しく登場した。

取材・文/大森弘恵

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します