現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 1.3Lターボってマジかよ!! [新型カプチーノ]普通車で開発中!? でも初代もスズキのホンキっぷりがヤバすぎた

ここから本文です

1.3Lターボってマジかよ!! [新型カプチーノ]普通車で開発中!? でも初代もスズキのホンキっぷりがヤバすぎた

掲載 46
1.3Lターボってマジかよ!! [新型カプチーノ]普通車で開発中!? でも初代もスズキのホンキっぷりがヤバすぎた

 あのスズキの名FR車が復活するかもしれない。ベストカー本誌が6月26日号でスクープした、スズキ「カプチーノ」復活という情報。トヨタとダイハツ、そしてスズキの共同開発によってプロジェクトが進んでいるとのことで、軽ではなく、1.3LターボのFRオープンスポーツで開発されているという。カプチーノ復活の情報を機に、初代カプチーノについて振り返りつつ、初代の中古車相場についても確認しておこう。

文:吉川賢一/写真:SUZUKI、ベストカー編集部

1.3Lターボってマジかよ!! [新型カプチーノ]普通車で開発中!? でも初代もスズキのホンキっぷりがヤバすぎた

■スズキが徹底的にこだわってつくったモデル

スズキ「カプチーノ」。マツダのオートザムAZ-1、ホンダのビートとともに「ABCトリオ」とよばれた軽オープンスポーツモデルだ

 フロントエンジン後輪駆動という本格的なスポーツカーのパッケージングで登場し、「軽FRスポーツの名作」といわれた、スズキ「カプチーノ」。ロングノーズ&ショートデッキの古典的なフォルムもカッコいいが、すごいのはその中身だ。

 1990年当時、スズキのスポーツモデルとして、「アルトワークス」はすでに人気モデルとなっていたが、カプチーノでは、そのアルトワークスのエンジン(657cc直3 DOHCインタークーラー付ターボ)を縦置きにレイアウトし、5速マニュアルトランスミッションと組み合わせたうえで、前後ともカプチーノ専用のダブルウィッシュボーン式サスペンションを投入。さらには四輪ディスクブレーキまで採用する、という本気ぶりだった。

 軽量化にも徹底的にこだわっており、ルーフやボンネット、リアフェンダーの一部にアルミニウムを使用したほか、ホイールや駆動系にもアルミニウム素材を採用した結果、車両重量は700kgと超軽量を実現。さらに1995年5月のマイナーチェンジでは、エンジンブロックを、鋳鉄製から軽量なアルミニウム製へと置き換え(前期型のエンジンはEA11R、後期型はEA21R)、さらに10kg減量に成功。エンジントルクも向上(7.5kgfm→10.5kgfm)していた。

 「エンジンブロックをアルミ化する」という変化の大きさは、自動車開発の現場にいた者からすると、かなり衝撃的だ。とにかく、スズキのこだわりが存分に詰め込まれていたモデルだった。

ルーフ、ボンネット、リアフェンダーの一部にアルミニウムを使用、ホイールや駆動系にもアルミニウム素材を使い、車両重量700kgという超軽量ボディを実現していた

■現在の中古車相場は120~160万円、なかには390万円もの個体も

軽快なハンドリングとオープンエアの気持ちよさが味わうことができたスズキカプチーノ。セカンドカー、サードカーとして、車庫に一台収めたくなるクルマ好きは少なくないはず

 カプチーノの当時の新車価格は約146万円。当時の軽自動車の価格としては高価だが、ライバルのAZ-1(約160万円)やビート(約140万円)とは、ほぼ同価格帯だった。

 そんなカプチーノをいま入手しようとすると、いくらくらい必要となるのか。2024年6月現在、カプチーノの中古車は全国で92台ほど。価格は、安い個体だと40万円(走行距離17万km、修復歴無し)からあるが、高いものではなんと390万円(走行距離1000km)という価格もあり、幅が広い。

 相場はおよそ120~160万円あたりだ。価格高騰はしていないようだが、生産終了から25年が経っていることから、もし手に入れるならば、メンテナンスの面倒をしっかりと見てくれるショップで購入することをお薦めしたい。

■「令和のカプチーノ」は見ることができるか!??

ベストカーによる次期カプチーノ予想CG。ベストカー本誌のスクープによると、軽自動車ではなく、1.3LターボのFRオープンスポーツで開発されているという

 バブル崩壊とともに姿を消していった軽オープンスポーツ。カプチーノも1998年に販売を終了した。その後、2001年にはダイハツ「コペン」が、2015年にはホンダの「S660」が誕生したが、S660は2022年3月に生産終了に。ホンダとしては、日本独自の軽規格に縛られた軽スポーツよりも、海外販売を見据えたコンパクトスポーツとしたほうがまだ利益につながる、という考えもあるのだろう。

 ただ、コペンの2023年の総販売台数は3,800台と、細々ながら売れ続けており、軽オープンスポーツにはまだ活路があるように思える。ベストカー本誌のスクープ通り、トヨタとダイハツ、そしてスズキの共同開発でカプチーノが復活となれば、日本国内においても、国産スポーツカー市場が活気づく可能性もあると思う。クルマファンとしては期待したいところだが、軽スポーツカーと相性の悪いカーボンニュートラル問題をどう切り抜けてくるのかは気になるところだ。はたして本当に令和にカプチーノは蘇るのか!?? 続報に期待したい!!

【画像ギャラリー】令和に蘇るとの情報が!! 「軽FRスポーツの名作」といわれた、スズキ「カプチーノ」(9枚)

投稿 1.3Lターボってマジかよ!! [新型カプチーノ]普通車で開発中!? でも初代もスズキのホンキっぷりがヤバすぎた は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

[ジムニー]の誕生秘話が予想外すぎ!! [シエラ]は今や大黒柱に! スズキのクロカン3選
[ジムニー]の誕生秘話が予想外すぎ!! [シエラ]は今や大黒柱に! スズキのクロカン3選
ベストカーWeb
2Lツインカムを積む後輪駆動! 販売期間はたったの2年2カ月! セリカ カムリと呼ばれた初代カムリは奇跡の1台だった!
2Lツインカムを積む後輪駆動! 販売期間はたったの2年2カ月! セリカ カムリと呼ばれた初代カムリは奇跡の1台だった!
ベストカーWeb
今や新車の4割が軽!? スーパーハイトワゴンが鬼のブームに!! なのに[ウェイク]が1代で消えたワケ
今や新車の4割が軽!? スーパーハイトワゴンが鬼のブームに!! なのに[ウェイク]が1代で消えたワケ
ベストカーWeb
現在も展開中!! 中古価格爆上がり中の希少絶版スポーツをなんとレンタカーで堪能できる!!?[復刻・2013年の話題]
現在も展開中!! 中古価格爆上がり中の希少絶版スポーツをなんとレンタカーで堪能できる!!?[復刻・2013年の話題]
ベストカーWeb
登場すればバカ売れ!? 5ナンバーサイズの[S-FR]! 計画復活熱望のスポーツカー3選
登場すればバカ売れ!? 5ナンバーサイズの[S-FR]! 計画復活熱望のスポーツカー3選
ベストカーWeb
超近未来デザインで話題沸騰[ビークロス]! 実はマツダもクロカンを販売!! 低迷のワケは?
超近未来デザインで話題沸騰[ビークロス]! 実はマツダもクロカンを販売!! 低迷のワケは?
ベストカーWeb
20年前にもう登場してたマツダ版[LBX]!! 小さな高級車[ベリーサ]今ならバカ売れ! 絶版コンパクトカーイッキ見
20年前にもう登場してたマツダ版[LBX]!! 小さな高級車[ベリーサ]今ならバカ売れ! 絶版コンパクトカーイッキ見
ベストカーWeb
今は無き[エスティマ]値上がりヤバい!! だったら北米の巨大ミニバン[シエナ]日本導入プランは?
今は無き[エスティマ]値上がりヤバい!! だったら北米の巨大ミニバン[シエナ]日本導入プランは?
ベストカーWeb
派手さはない……でも安くて十分!! [軽の価格]で最新SUV! 走らせて不満なしの[WR-V]実力に迫る
派手さはない……でも安くて十分!! [軽の価格]で最新SUV! 走らせて不満なしの[WR-V]実力に迫る
ベストカーWeb
名車[ローレル]だって絶版……やっぱセダンは厳しい? ランサーの後継[ギャラン]は程よいスポーツだった
名車[ローレル]だって絶版……やっぱセダンは厳しい? ランサーの後継[ギャラン]は程よいスポーツだった
ベストカーWeb
さらば庶民のディーゼル高級車!! [マツダ2]ディーゼル生産終了確定!! いつかまた復活してくれよな
さらば庶民のディーゼル高級車!! [マツダ2]ディーゼル生産終了確定!! いつかまた復活してくれよな
ベストカーWeb
新型よりめっちゃ安い先代[スイフト]!! MTまで用意した超絶走りモデルだった
新型よりめっちゃ安い先代[スイフト]!! MTまで用意した超絶走りモデルだった
ベストカーWeb
5ドア化が大ヒットの秘訣!? ブームの火付け役[パジェロ]! 三菱のクロカン4選
5ドア化が大ヒットの秘訣!? ブームの火付け役[パジェロ]! 三菱のクロカン4選
ベストカーWeb
BooBooラウンジ第4回 マニュアル車が大好きな松重 豊さんが乗りたくてワクワクしていた[フェアレディZ]に試乗!
BooBooラウンジ第4回 マニュアル車が大好きな松重 豊さんが乗りたくてワクワクしていた[フェアレディZ]に試乗!
ベストカーWeb
全長2.7m! 49万円のスズキ「めちゃ小さいクルマ」が凄い! 軽量ボディに「5速MT」も搭載! 一番スズキらしい「挑戦的モデル」に熱視線
全長2.7m! 49万円のスズキ「めちゃ小さいクルマ」が凄い! 軽量ボディに「5速MT」も搭載! 一番スズキらしい「挑戦的モデル」に熱視線
くるまのニュース
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】広さの追求から解き放たれた個性際立つ上質ミニカー[スバルR2]
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】広さの追求から解き放たれた個性際立つ上質ミニカー[スバルR2]
ベストカーWeb
新車が[80万円台]から購入可能!! 燃費はスイフト超え! [ミライース]は余裕の4人乗車もイケるってマジか!!!!
新車が[80万円台]から購入可能!! 燃費はスイフト超え! [ミライース]は余裕の4人乗車もイケるってマジか!!!!
ベストカーWeb
開けるだけで一苦労! 唯一無二のトランストップ車[CR-Xデルソル]が想像超えの走り!!
開けるだけで一苦労! 唯一無二のトランストップ車[CR-Xデルソル]が想像超えの走り!!
ベストカーWeb

みんなのコメント

46件
  • pro********
    信憑性ゼロのいつもの「スクープ」は別にしても、本文もさすがの吉川クオリティ。

    「EA11R/21R」は車両の型式であってエンジンの型式ではありませんし、前期型の最大トルク値も誤り(7.5ではなく8.7kgfm)。
    こんな間違いをそのまま出す人間が日産のエンジニアだったとは(だから「元」なのかもしれませんが)。
  • qnw********
    嘘つけ〜👊
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

145.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8290.9万円

中古車を検索
カプチーノの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

145.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8290.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村