サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル レヴォーグ 新型、電動ブレーキブースタ不具合で1万2000台をリコール

ここから本文です
SUBARU(スバル)は3月5日、『レヴォーグ』の電動ブレーキブースタに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2020年11月2日から2021年2月5日に製造された1万2094台。

対象車種は、電動ブレーキブースタの内部構成部品である回転角センサのマグネットのモータシャフトへの組付け位置が不適切なため、イグニッションオンにした際などに、ブレーキペダルのストローク値をソフトウエアが誤認識することがある。

おすすめのニュース

サイトトップへ