サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ニコ・ヒュルケンベルグ、アストンマーティンF1のリザーブ&開発ドライバーに就任

ここから本文です
 4月8日(木)、アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チームは、ドイツ人ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグがオフィシャルリザーブ&開発ドライバーに就任したことを発表した。

 2010年にウイリアムズからF1にデビューしたヒュルケンベルグは、これまでフォースインディアやザウバー、ルノーからF1に参戦し、176レースを戦ってきた。F1デビューイヤーにはポールポジションを獲得するなどヒュルケンベルグは幾度となく実力を示してきたが、2019年を最後にF1のシートを失った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン