サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いまスバル車を買うなら伝家の宝刀「アイサイト」付きしかない! スバリストが推す中古モデルとは

ここから本文です

中古車選ぶならアイサイト搭載車が狙い目

 スバルの最新の運転支援システム「アイサイトX」は新型レヴォーグを皮切りに、現行型レガシィアウトバックや新型WRX S4などへ続々と採用車種が拡大中だ。

駐車場でスバル車を並べたがる? 熱量が激アツすぎる「スバリスト」の生態とは

 高速道路などの自動車専用道路を走行中に、約50km/h以下にてハンドルから手を放すことが可能な「渋滞時ハンズオフアシスト機能」を搭載。さらに、70~120km/hでの走行時に、方向指示器のレバ―を操作すると操舵支援を行う「アクティブレーンチェンジアシスト」、カーブに合わせた適切な速度に制御する「カーブ前速度制御」も搭載する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン