サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボルボカーズの自動運転ソフト開発部門、新体制発足…高速道路での完全自動運転実現へ

ここから本文です

ボルボカーズ(Volvo Cars)は7月2日、自動運転ソフトウェア開発部門のゼヌイティ(Zenuity)の新体制が発足した、と発表した。

ゼヌイティは、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転向けソフトウェア開発企業として、2017年4月に設立された。オートリブとボルボカーズが、50%ずつ出資して設立されたジョイントベンチャーだ。スウェーデンのイェーテボリに本社を構え、米国のデトロイトとドイツのミュンヘンでも事業を展開している。

ボルボカーズは、このゼヌイティを新体制とし、自動運転技術の開発を加速する。今回、発足した新体制では、ゼヌイティが2つに分割された。

おすすめのニュース

サイトトップへ