サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 個性の主張はフロントよりもリア!? ユニークすぎるテールランプの車5選

ここから本文です

個性の主張はフロントよりもリア!? ユニークすぎるテールランプの車5選

■クルマの個性を主張する特徴的なテールランプのクルマたち

 クルマのデザインはその時代の流行を取り入れつつ、各メーカーとも個性を主張することに注力しています。

スープラ並みに速いセダンがあった? 絶滅寸前なスゴいセダン5選

 とくに、クルマのデザインで重要なのがフロントフェイスで、メーカーによっては、あえてデザインテーマを固定して、どの車種も同じテイストとしているケースもあります。

 一方で、あまり意識して見ることがないのがテールランプですが、じつは個性的なデザインの車種も存在。

 そこで、夜間に見たら車種がわかってしまうほど、個性的なテールランプを装備したクルマを5車種ピックアップして紹介します。

●日産「スカイライン」

 歴代の日産「スカイライン」のテールランプといえば、丸形4灯というのが定番です。

 プリンス自動車時代の2代目スカイラインが丸形2灯テールランプを採用し、3代目では四角形になりましたが、1972年に発売された4代目では、6気筒エンジンを搭載する4ドアセダンと、2ドアハードトップに丸型4灯テールランプが採用されました。

 ウインカーやバックランプがビルトインされた独特のデザインで、この基本デザインは1977年にモデルチェンジされた5代目でも継承されました。

 その後も丸形4灯テールランプはスカイラインのアイデンティティとして使われ、一時期は採用されないこともありましたが、最新型のスカイラインや、現行モデルの「GT-R」まで引き継がれています。

●マツダ「コスモスポーツ」

 1967年に発売されたマツダ「コスモスポーツ」は、軽量コンパクトなロータリーエンジンでなければ実現できなかった、地を這うような低いフォルムが特徴のスポーツカーです。

 また、世界初となる量産ロータリーエンジン「10A型」を搭載した、記念すべきモデルとして、日本自動車史に名を刻んでいます。

 伸びやかなリアオーバーハングから続くテールエンドには、ウエストラインと同じ高さに装着されたメッキバンパーの上下に、2分割されたテールランプが鎮座しています。

 このテール部分のデザインによって、クルマ全体をより低く見せることができ、後から見てもコスモスポーツであることを主張していました。

●ダイハツ「キャスト アクティバ/スポーツ」

 2015年に登場した軽トールワゴンのダイハツ「キャスト」は、SUV風デザインの「キャスト アクティバ」と、レトロ調デザインの「キャスト スタイル」、専用サスペンションチューニングを施してスポーティさを演出した「キャスト スポーツ」と、3つのバリエーションが存在します。

 そのなかでもアクティバとスポーツには、八角形に光るテールランプが採用され、さらに、光っている状態では立体的に見えるようにデザインされているのが斬新です。

 まるでアフターマーケットで販売しているパーツのようにも見えます。こうした演出は、LEDランプだからこそ実現したといえるでしょう。

■個性的なクルマを、さらに目立たせるような演出とは

●「ミニ」

 BMWのプレミアムコンパクトとして2001年に登場した「ミニ」は、BMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)が販売していたミニのフォルムを継承しつつ、現代のクルマとして大幅に進化したことによって、世界中でヒットします。

 2013年に登場した第3世代のミニは、フロントにLEDデイライトを標準装備しつつも、これまでのモデルと共通する丸型ヘッドライトで、ミニらしさをアピール。

 さらに、2018年にマイナーチェンジで、LEDテールランプがイギリスの国旗を意味する「ユニオンジャック」柄に点灯する演出が施されていて、イギリス発祥のクルマであることを主張しています。

 なお、派生車のエステートワゴンである「ミニ クラブマン」も、現行モデルではユニオンジャック柄のテールランプを採用しました。

●ジープ「レネゲード」

 FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)がジープブランドで北米市場と欧州市場をターゲットに販売している「レネゲード」は、ジープ伝統のボクシーなフォルムのコンパクトSUVで、日本でも好調なセールスを記録しています。

 レネゲードのテールランプには、主に米軍がガソリンを運搬する際に用いた「ジェリー缶」の、側面に入ったプレスラインをモチーフにした「×印」のデザインが採用されました。

 歴史的に軍用車から派生して民生用となった、ジープならではの演出ではないでしょうか。

 なお、この特徴的なテールランプの×印に光る部分は、オレンジ色のウインカーとなっています。

※ ※ ※

 1960年代から1970年代の国産車は、比較的テールランプで個性を主張するクルマが多かった印象があります。たとえば、1970年に発売された日産初代「ローレル ハードトップ」は、現在のシーケンシャルウインカーのような流れるウインカーを採用していました。

 また、1980年代から1990年代は、トヨタ「ソアラ」など大型のテールランプが増え、電球を2個使ったブレーキランプが流行しました。なお、大きいテールランプはリアビューを堂々と見せる効果があったようです。

 そして、現在はLEDランプの普及でデザインの自由度も高くなり、再び個性的な形状のテールランプが増えてきました。

 技術の進歩やその時代のトレンドによって、テールランプのデザインも様変わりするようで、とても興味深いです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します