サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーフォーミュラ】ユーリ・ヴィップス、来季のSFフル参戦を熱望も「最終的に決めるのは僕の“ボス”」

ここから本文です

 鈴鹿サーキットでの2019全日本スーパーフォーミュラ選手権最終戦に急きょエントリーすることになったユーリ・ヴィップス(TEAM MUGEN)は、途中のピットストップでのエンジンストールが響18位に終わってしまった。

 それでもレース中はライバルと全く引けを取らないペースで周回を重ねるなど、初参戦とは思えない走りを披露。本人も機会があれば2020年はフル参戦したいと意気込みをみせた。

■角田裕毅、“勝負の”2020年へ。参戦カテゴリーは「ある程度決まっている」

 第4戦富士から15号車のステアリングを握っていたパトリシオ・オワードがインディカーシリーズ挑戦することが決まったのに伴い、レッドブル・ジュニアチームから離脱することになった。