サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【リコール】ジープ ラングラー トランスミッションの配線に不具合

ここから本文です

FCAジャパンは2020年7月31日、シープ ラングラーのトランスミッションのハーネス固定方法が不適切としてリコールを届け出ました。

リコールの内容は、トランスミッション ハーネスの固定が不適切なため、ハーネスと触媒との距離が十分に確保されていないものがあるというものです。そのため、触媒の熱によりハーネスが溶損する恐れがあり、最悪の場合には走行中にエンジンが停止する事も考えられます。

【リコール】ジープ チェロキーのトランスファーECUに不具合

なおこの不具合は市場からの報告によるもので、不具合の発生件数は5件となっています。

おすすめのニュース

サイトトップへ