サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】空白期間の敵は“ぽっちゃり化”とモチベーション? ジャック・ミラー、母国でトレーニング中

ここから本文です

 プラマックからMotoGPに参戦するジャック・ミラーは、新型コロナウイルスの影響によりMotoGPの再開が遅れることを知ると、母国のオーストラリア・クイーンズランド州へ戻った。

 彼は現在両親とともに同州の北東に位置するタウンズビルに滞在。良好な秋の天候も手伝い、彼はシーズン開始前のトレーニング体制を維持することができている。

■メーカー移籍は至難の業? 「適応に2~3年は必要」と経験者ミラー語る

 少なくともMotoGPの再開は5月のスペインGPを待つ状況にあるが、ミラーは過去に減量で苦労した経験から、体重の維持が重要だと話す。

「嘘をつくつもりはない。

おすすめのニュース

サイトトップへ