サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > じつは事故の多い「高速料金所」! カオスな「ゲート前後」でやってはいけないこととは

ここから本文です
 カードの入れ忘れや警告が出ても慌てて車線変更するのは危険!

 たとえば首都高速道路から、東名道や常磐道、関越道などに入るところでは、いきなり目の前が開けて、5つも6つものゲートが並んでいます。運転に慣れていない人は「えっ、どこを目指せばいいの?」と、かなり戸惑ってしまうものですね。ヘタに進路を変えれば後続車とぶつかってしまうかもしれないし、かといってETCレーンへ行きたいのに、そのまま進むと一般レーンに入ってしまう! 右にも左にもクルマがいるし、後ろからもクルマは来るし、身動きとれない! とパニック状態のクルマも見かけます。

おすすめのニュース

サイトトップへ