サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【世界で750万台に対策】独フォルクスワーゲン ディーゼル問題の経過を説明

ここから本文です

ドイツ国内 99%に対策

独フォルクスワーゲンは、2019年の業績を発表する年次記者会見において、いわゆるディーゼル問題の経過について触れた。

【画像】新たなベンチマークへ VW新型ゴルフ(日本未導入)【8代目】 全77枚

会見に登壇したヘルベルト・ディース会長が、約20分にわたるプレゼンテーションの最後に、2019年のディーゼル問題への対応について説明する時間を設けたのだ。

まず、ドイツ国内においては、EA189型エンジンを搭載したディーゼル車の99%以上が、技術的なアップグレードをすでに終了したことが発表された。

またフォルクスワーゲンは、全世界で750万台以上の車両のアップグレードを実施したことを報告。

おすすめのニュース

サイトトップへ