サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 歴史ある街で自動運転やCO2削減は可能?ボルボが作る次世代都市の狙いとは

ここから本文です

■ボルボが目指す「イェーテボリ・グリーン・シティ・ゾーン」とは

 日本ではトヨタが静岡県の富士山麓に、未来都市「ウーブンシティ」を2021年2月23日に着工しましたが、ボルボの場合、16世紀に築かれた北欧スウェーデンのイェーテボリ市に、大規模な改築工事なしに高度な交通システムを導入したリアルな次世代都市を実現するというのです。

次期型「プリウス」は超絶進化? トヨタが「全固体電池」に全集中する訳とは

 ボルボが目指す次世代都市とは、一体どのようなものなのでしょうか。

 イェーテボリは、スカンジナビア半島の南西部にある人口約52万人の港町です。

おすすめのニュース

サイトトップへ