サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「スカイライン3兄弟」の末っ子! 日産のセフィーロはなめらかな乗り味が「絶品」すぎた

ここから本文です

「スカイライン3兄弟」の末っ子! 日産のセフィーロはなめらかな乗り味が「絶品」すぎた

スタイリッシュなパーソナルセダンとして登場

 井上陽水がTV-CMで「みなさん、お元気ですか~」といい、のちに口パクになった、とか、“くうねるあそぶ。”のコピーが糸井重里だったとか、おそらくこれまでに何百万回も書かれ、言い伝えられてきたであろうことは口が裂けても決して書くまい……と心に誓いながら冒頭からしっかり書いてしまった……。そんな日産セフィーロが登場した1988年9月は、直後に“出来事”があって元号が昭和から平成に変わろうとした激動の最中だった。

「くうねるあそぶ」の名コピーも誕生! スポーツセダン「初代セフィーロ」が傑作だった理由とは

 ところが筆者個人の体験でいうと、ちょうどFMラジオのJ-WAVE開局とセフィーロの登場が重なり、J-WAVEの試験放送的な番組をこのセフィーロの広報車を走らせながらラジオで聴いていた憶えがある。なので世の中はソワソワしているというのに、セフィーロのなかでJ-WAVEから流れてくるパット・メセニーやチック・コリアやアート・オブ・ノイズや冨田 勲に耳を傾けながら、今にして思えば相当にノホホンとした気持ちで、来るべき新時代を迎えていた……といったところだった。

日産の個性派モデルが登場した1988年と1989年

 日産車というと、翌年1989年組のR32スカイラインやZ32(フェアレディZ)、インフィニティQ45といったスター級のモデルに注目がいく。だが、その前年の1988年もS13シルビア、J30型マキシマ(あの初代セドリック/グロリア・シーマ)など、味のある個性派モデルが登場している。

 もちろん初代セフィーロは(2、3代目の没個性ぶりを思えばなおさら)、“88年組”の中でもひと際印象深い1台だった。豪華さや走りのスペックではなく、言葉での表現は難しいが“センス”を売りとした、新しい価値観を持ったクルマだったからだ。日産車で同じ6気筒搭載車のローレルが高級、スカイラインが高性能だとして、このセフィーロは“高質”をテーマに開発されたという。

ユーザーが仕様を決められるシステムが採用

 なかでもユニークだったのは“グレードの設定がなかった”ということ。ではどうしたのか? というと“セフィーロ・コーディネーション”と称した、内・外観、エンジン、サスペンションなどを自由に組み合わせて、ユーザーが仕様を決められるシステムが採用されていたのである。 すなわち、エンジンは2Lのツインカム24バルブインタークーラー付きセラミックターボ/ツインカム24バルブ/シングルカムの3機種、サスペンションは4WS付きのHICAS-II/DUET-SS/標準の3タイプ。これに9色のボディカラーと、モダン/ダンディ/エレガントの3タイプ(オフブラック/ブラウンの2色)のシート地&ドアトリム地が組み合わせられた、というわけだ。 あらためてカタログを見ると(あえて羅列しておくと)、スポーツツーリング、タウンライド、コンフォートクルージング、ツーリング、コンフォートツーリング、スポーツクルージング、コンフォートタウンライドの全7パターン(さらにスポーツタウンライドとツーリングもある)の“推奨セフィーロコーディネーション”が載せられている。

室内のセンターコンソールのフタを開けると“スペックIDラベル”が付けられていた

 だが、さらにメーカーオプションのオートスピードコントロール(AT車)、リヤウインドウワイパー、4WAS(4輪アンチスキッドブレーキ)、電動ガラスサンルーフ、アルミホイール、オーディオ、自動防眩ミラーを選んだり、これらが推奨で標準装着の場合でもそのキャンセルが可能だったり……。書いているだけでもヘトヘト(読者の皆さんはもっと?)だが、当時の販売の現場ではさぞ混乱をきたしたことだろう。 ちなみに手元にある某東京の販社の当時の価格表には「いま、あなたにはあなたのセフィーロが生まれる」とコピーが。何となくどうにでもしてくれ的なトーンにも読み取れるのは気のせいか。なおセフィーロにはグレードを示すバッジのようなものは(グレードがないのだから当然だが)なく、室内のセンターコンソールのフタを開けると、自分のセフィーロの仕様が記された“スペックIDラベル”が付けられていた。

内外装の大人びた雰囲気がよかった

 ところで実車は、実に姿形のいいクルマだった。フルドア(プレスドア)ゆえ、リヤドアの後ろ上側の見切り線がサイドのアーチ部分を横切って流れを分断していたのが少し気になった。だがそれ以外は、全体のなめらかなニュアンスや、流線型に丁寧にデザインされたクロームのドアハンドルがシンプルでなめらかなボディのアクセントになっていた。プロジェクターヘッドライトを全車に標準装備した、シャープなフロントマスクもセフィーロ独特の顔を作っていた。 インテリアでは、その名も“ダンディ”と名付けられたツイード調のシート表皮、ドアトリムのサックリとした感触、大人びた雰囲気がまたよかった。カタログ名で“パートナーコンフォタブルシート”と呼ぶ、レパードなどにも採用された中折れ式の背もたれの助手席も全車に標準。AT車は足踏み式のパーキングブレーキ(解除はセンターコンソールのイージーリリースレバーで行う仕組み)を採用した。 そういうわけ(=グレードがなく、仕様はさまざま)で、当時試乗したクルマのスペックはまったく憶えていない。だが、確かターボ車で加速はスムースで胸のすくもので、なめらかな乗り味はセフィーロが目指す、大人の味わいを体現したクルマだった。神経を逆撫でしないジェントルな走りは、そういうクルマが好物の筆者には、いいなぁと思えたものだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら