サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタが静岡・裾野市に建設するスマートシティ「ウーブン・シティ」は日本の技術革新を加速させるか?

ここから本文です

今年1月、トヨタ自動車は世界最大級の電子機器見本市「CES2020」において、あらゆるモノやサービスをネットでつなげるスマートシティ構想を発表し、世界の注目を浴びた。

実際に街を作り、その中で人々が住み、働き、遊び、生活をすることによって、自動運転やスマートホームなど次世代技術の実証実験を行なうという。

オレンジ色のスポーティーなボディが印象的なベスパの125ccスクーター「プリマベーラS 125 ABSスペシャルエディション」

同社はこの実証都市を、網の目のように織り込まれた道路という意味から『ウーブン・シティ』と名付けた。

そんな世界が注目する『ウーブン・シティ』について、三井住友DSアセットマネジメントがマーケットレポートを公開したので紹介しよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ