サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ベーシックグレードでも快適な走りを実現!安全装備が充実したスズキ「スイフト XGリミテッド」

ここから本文です

ベーシックグレードでも快適な走りを実現!安全装備が充実したスズキ「スイフト XGリミテッド」

2017年1月4日に発売されたスズキ『スイフト』。そのラインアップに同年11月13日に加わり、現在のスイフトのベーシックグレードとなっているのが、『スイフト XGリミテッド』だ。

当初のボトムグレードであった『スイフト XG』をベースに、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」のひとつ、デュアルセンサーブレーキサポートをはじめとするセーフティパッケージを標準装備(非装着車も選べ、ウレタンステアリングホイールとなる)し、さらに、クロームメッキを施したフロントグリルや本革巻ステアリングホイールを採用して、質感を大幅に高めた。また、LEDヘッドランプをメーカーオプション設定する。

インパネ、ステアリング、シート、ラゲージスペース、使い勝手抜群のスズキ「ジムニー」の内装をチェック

クルマに求められる安全基準をクリアしつつ、質感を向上。『スイフト』のベーシックグレードとして強い存在感を発揮する同車の魅力に迫る。

スズキ『スイフト XGリミテッド』の外観

重心の低いプロポーションと躍動的なフォルムが新鮮な『スイフト XGリミテッド』。フェンダーの張り出し感を強調して、力強さと安定感のあるスタイリングとなった。また、大開口のフロントグリルなど、フロントマスクは力強いものとなる。

ピラーをブラックアウトしたことで一体感のあるガラスエリアは、先進感のあるフローティングルーフを実現。リヤドアハンドルはCピラーガーニッシュに配置され、まるで2ドアクーペのようなスタイリッシュなサイドビューとなっている。

スズキ『スイフト XGリミテッド』の内装/室内・荷室空間

スズキ『スイフト XGリミテッド』の内装はドライバーを中心とする操作性に優れた構成が特徴だ。例えばナビゲーションパネルやエアコンの操作系は運転席側に5度傾けて配置されており、スポーティな印象と高い操作性を両立する。

メーターやホーンパッド、エアコンルーバー、エアコンスイッチなど、機能部品は円筒モチーフに統一。

スピンドル加工の盤面や、水温計・燃料計をメーター内に配置したデザインなどが施され、スポーティさと高い質感を実現する。

また、ステアリングホイールには操作性、乗降性に貢献するスポーティなD型タイプを採用した。

フロントシートは座面形状とバネ配置を最適化している。高性能低反発ウレタンを採用し、サイドボルスターを高くすることにより、着座時のフィット感や振動吸収性、旋回時のホールド性を強化している。

『スイフト』には、新設計のプラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」が採用されており、おかげでゆとりある乗員スペースと荷室スペースを確保する。

荷室は開口する地上高を先代スイフトに対して80mm低く設計。荷物の出し入れ時の使い勝手に優れる。

スズキ『スイフト XGリミテッド』のエンジン・駆動形式・燃費

『スイフト XGリミテッド』には、スズキ自慢のK12C型デュアルジェット エンジンが搭載される。

熱効率を向上させた1242cc自然吸気エンジンは、燃焼改善技術により圧縮比を12.0から12.5まで上げて熱効率を高めながら、冷却性能向上や混合気の最適化などの技術でノッキングを抑制する。

低回転域でのトルクの向上を見せつつも、フリクション低減やエンジンの軽量化・コンパクト化で優れた燃費性能と力強い走りを両立する。

形式:K12C型
種類:水冷4サイクル直列4気筒DOHC16バルブ吸排気VVT
総排気量:1242cc
圧縮比:12.5
燃料供給装置:EPI(電子制御燃料噴射装置)
最高出力:67kW(91PS)/6000rpm(ネット)
最大トルク:118N・m(12.0kg・m)/4400rpm(ネット)
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量:37L

スズキ『スイフト XGリミテッド』の駆動方式・ミッション形式は?

同車には、2WD(FF)と4WD(フルタイム)があり、2WDには5MTとCVT、4WDにはCVTが用意される。

スズキ『スイフト XGリミテッド』の燃費は?

『スイフト XGリミテッド』には2WDの5MT車とCVT車、4WDのCVT車があり、それぞれにセーフティパッケージレス仕様車がラインアップする。

同車の燃費消費率をJC08モードで確認してみよう。

2WD・5MT:22.6km/L(23.4km/L)
2WD・CVT:24.0km/L(24.0km/L)
4WD・CVT:22.8km/L(22.8km/L)
※()内はセーフティパッケージレス仕様車。

スズキ『スイフト XGリミテッド』の評価・走り

スズキ『スイフト』は、軽量化と高剛性を両立する新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用し、走行性能と燃費性能の向上を実現した。

さらに、ボディやエンジン、足まわりなど車両全般で徹底した軽量化を行い、従来モデル比で約120kgのシェイプアップを実施。さらに、優れたハンドリング性能としなやかな乗り心地を両立させるべく、サスペンションは新設計され、レイアウトも刷新している。

欧州各国で走り込みや性能確認を実施しており、先代の『スイフト』でも高かったドライビングプレジャーに磨きがかったと、高い評価を受けている。

スズキ『スイフト XGリミテッド』のサイズ・重量・タイヤサイズ

全長:3840mm
全幅:1695mm
全高:2WD車1500mm/4WD車1525mm ※ルーフアンテナを除く
室内寸法:長さ1910mm×幅1425mm×1225mm
ホイールベース:2450mm
車両重量:2WD・5MT車860kg(840kg)/2WD・CVT車890kg(870kg)/4WD・CVT車950kg(930kg)
乗車定員:5名
タイヤサイズ:175/65R15
※()内はセーフティパッケージレス仕様車。

スズキ『スイフト XGリミテッド』の安全装備

※写真は『スイフト HYBRID RS』『スイフト HYBRID SL』

『スイフト』のベーシックグレードの『スイフト XGリミテッド』だが、安全装備は充実する。

「セーフティパッケージ」を採用したモデルでは、以下、「デュアルセンサーブレーキサポート」~アダプティブクルーズコントロール(ACC)を可能とした。

「デュアルセンサーブレーキサポート」

フロントガラスに設置された単眼カメラと、レーザーレーダーの2種類のセンサーにより、前方を検知するシステムだ。

これにより、前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能や自動(衝突被害軽減)ブレーキ機能、車線逸脱警報機能、ハイビームアシスト機能などの安全技術を可能にした。

誤発進抑制機能(5MT車を除く)

シフトを「D、M」の位置に入れて停車または約10km/h以下で走行中に、前方約4m以内の障害物を認識する。

もし、間違えてアクセルペダルを強く踏むと、エンジン出力を最長で約5秒間制御。急発進や急加速を抑えると同時に、ブザー音とメーター内の表示・表示灯で警報する。

これにより、駐車場などでの操作ミスによる衝突回避を助けてくれる。

車線逸脱警報機能

約60km/h~100km/hで走行中に、車線の左右区画線を検知して進路を予測する。

前方不注意などにより、車線をはみ出すとクルマが判断した場合に、ブザー音とメーター内の表示・表示灯が警報を発して、ドライバーに注意を促す。

ふらつき警報機能

約60km/h~約100km/hで走っている際に、車線の左右区画線を検知し自車の走行パターンを計測。運転の疲れなどで車両が蛇行して、システムが「ふらつき」と認めたら、ブザー音とメーター内の表示・表示灯により警報を発して、ドライバーに注意を促す。

先行車発進お知らせ機能

シフトが「D、N、M(5MT車はR以外)」の位置にした状態で、ブレーキ操作をしながら停車している時に、先行車が発進すると自車との距離を計測する。

先行車が約5m以上離れても、クルマが停まり続けた場合は、ブザー音とメーター内の表示によりドライバーに先行車の発進を知らせる。

ハイビームアシスト

ヘッドランプのハイビーム/ロービームを自動で切り替えるもの。

機能をONにした状態で約30km/h以上で走っている時、前方に対向車や先行車がいたり、街路灯の多い場所や明るい場所に来たら、ロービームにする。

やがて、対向車や先行車がいなくなると自動的にハイビームへ戻る。

アダプティブクルーズコントロール(ACC)

ステアリングにある「ACCスイッチ」を押すと、先行車との距離をミリ波レーダーで測定して、車間距離を保ちながら自動的に加速・減速する。

車間距離は3段階(短・中・長)で設定できる。

先行車がいない場合は、あらかじめ設定した速度(約40km/h~)をキープする。

エマージェンシーストップシグナル

約55km/h以上で走っている時に、急ブレーキをかけたらハザードランプを自動で高速点滅させて後続車へ急ブレーキを知らせる。

ヒルホールドコントロール(5MT車を除く)

坂道発進でのアシスト機能。

ブレーキペダルから足を離してアクセルペダルを踏みこむ間、最長約2秒ブレーキを作動させるもの。

クルマの後退が抑えられて、落ち着いて発進できる。

ESP

センサーにより走りを監視、必要に応じてエンジンとブレーキをコンピューター制御するもの。

急ブレーキ時のタイヤロック、カーブなどでのタイヤのスリップや横滑りなどを抑えて、安定走行に貢献する。

スズキ『スイフト XGリミテッド』の価格

『スイフト XGリミテッド セーフティパッケージレス仕様車』

2WD・5MT 137万5000円~
2WD・CVT 137万5000円~
4WD・CVT 153万2300円~

『スイフト XGリミテッド』

2WD・5MT 148万3900円~
2WD・CVT 148万8300円~
4WD・CVT 164万5600円~

スズキ『スイフト XGリミテッド』の中古車相場

大手中古車販売サイトで現行型『スイフト XGリミテッド』の中古車相場を確認してみた(2019年12月末時点)。

2WD車は約100台掲載されていて、最安値は2017年式・走行距離4万8000km・黒・2WD・CVTの『スイフト XGリミテッド』で、価格は65万9000円となっていた。

一方、最高値は2019年式・走行距離50km・黒・2WD・CVTの『スイフト XGリミテッド』で、価格は159万円となっていた。

4WD車は13台掲載されていて、最安値は2018年式・走行距離6000km・茶・4WD・CVTの『スイフト XGリミテッド』で、価格は114万9000円となっていた。

最高値は2019年式・走行距離5km・白・4WD・CVTの『スイフト XGリミテッド』で、価格は160万円となっていた。

中古車の最高値モデルは2WD/4WDともに安全装備のオプションを購入しているモデルだった。

【参考】スズキ スイフト

※データは2019年12月下順時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/中馬幹弘

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します