サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ル・マン24時間:首位走行の7号車トヨタにターボトラブル。8号車首位、レベリオン勢が追う

ここから本文です
 WEC世界耐久選手権第7戦・第88回ル・マン24時間耐久レースは現地時間9月20日6時30分(日本時間9月20日13時30分)にレーススタートから3分の2となる16時間を終えた。スタートからレースをリードしていた7号車トヨタTS050ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス)は12時間過ぎにターボトラブルが起き後退。8号車トヨタTS050ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー)が首位に立っている。

 例年と異なる9月開催で、ふだんよりも夜が長い2020年のル・マン。

おすすめのニュース

サイトトップへ