サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 三菱、パジェロスポーツを改良し、タイで初披露

ここから本文です

三菱、パジェロスポーツを改良し、タイで初披露

三菱自動車は25日、タイでミッドサイズSUVの新型「パジェロスポーツ」を披露し、同日現地での販売を開始した。

パジェロスポーツは、初代が1996年に誕生し、日本では「チャレンジャー」の名で販売された、パジェロ派生のSUV。海外では2代目、3代目へと進化し、このたび披露されたのは3代目のマイナーチェンジ版となる。

マイナーチェンジでは、デザインを部分変更し、フロントグリルやヘッドライト、リアコンビネーションランプなどの見栄えを新しくした。またボンネットの高さも従来より高く設定するなどして、存在感のある佇まいを追求している。

インテリアは、8インチカラー液晶パネルや8インチのスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)を採用し、インフォテインメント機能の充実を図るとともに、ハンズフリー機能付きのエレクトリックテールゲート(スマホでも操作可能)や、フロアコンソールへのAC電源(150W)の追加などにより、SUVとしての機能性を高めた。

また、レーンチェンジアシスト(LCA)と後退時車両検知警報システム(RCTA)を新たに追加し、安全装備のさらなる充実を図っている。

日本メーカーの海外専用モデルとなるパジェロスポーツ。その充実した装備内容を見る限り、日本でも十分に通用しそうだ。三菱自動車の発表によると、約90カ国に順次展開する予定とのこと。トヨタRAV4やホンダCR-Vが復活したように、チャレンジャー改めパジェロスポーツの日本導入の可能性にも期待したいところだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します